論破王・ひろゆき“人気ユーチューバー”べた褒めのワケは…「徹底して媚びるな」

宮迫博之 

宮迫博之 (C)まいじつ 

テキトーかつ不勉強な発言を繰り返し、もはや一部の層からしか支持されていない〝論理破綻王〟ひろゆきこと西村博之。彼のポジショントークが、またもネット上で失笑されている。

発端は11月26日、話題のインフルエンサーをランキング形式で発表するランキングニュース番組『モデルプレスカウントダウン』(ABEMA SPECIAL2チャンネルほか)の初回放送だった。記念すべき初回は「YouTuber影響力トレンドランキング」で、ランキング解説者として出演したひろゆきは、自身がコラボ経験もあるユーチューバー・ヒカルの魅力を熱弁。

ひろゆきはヒカルを「雑談もない状態でちゃんと面白いことが言える」などとベタ褒めし、「人を惹きつけて、きちんとみんなが聞いて面白いと思えることを語れるのが、『やっぱスゲェな』と思いました」などともコメント。YouTube界のトップに君臨する理由が分かると、その才能を大絶賛したのだった。

だが、所詮は極端な層からしか支持されていないひろゆき。まともな人々は、すぐにこの発言の欺瞞性を見抜くこととなる。

中立ヅラでヒカルを称賛するステマ紛いの発言

「ヒカルといえば、『吉本興業』解雇でTV復帰が絶望的となった宮迫博之の〝ケツモチ〟役を担い、彼のネットでの居場所づくりを請け負った人物。その関係性は蛍原徹に続く〝相方〟そのものであり、協力・共犯といった立場にあります。そして、ひろゆきは宮迫のYouTubeチャンネルの管理に携わる『株式会社Guild』のメンバー。同社の公式サイトには役員欄に写真付きで名前があり、〝ほぼ黒幕〟の役職に就いていると紹介されています」(ITジャーナリスト)

そう、ひろゆきとヒカルは、いわば会社を通じて取引しているビジネスパートナーであり、ゴリゴリの利害関係者。ひろゆきがヒカルを礼賛しているのも、彼の評価を上げることで流入による再生増、その先にある自社の利益アップを狙っていると見るのが妥当なのだ。

目先の金を得るべく、中立ヅラをしてヒカルを讃えるという、ステルスマーケティングに近い行為を行なったひろゆき。当然、こうした行いは公平性等の観点から不適切に他ならず、ネット上には

《金になりそうな奴には媚びを売ります》
《ひろゆきは宮迫側の人間だしな 宮迫と協力関係のヒカルはほめるだろ》
《ビジネスパートナーは褒めるに決まってるじゃん》
《ヒカルもひろゆきが役員やってるギルドが取り扱ってるユーチューバーでしょ。ギルドの社長がヒカルのマネージャーだから、自分のところをもちあげてるだけ。蛍原ディスったとき同じ》
《媚びるとこには徹底して媚びるな》
《思ってもない事金の為なら平気な顔して言える奴って改めて思った 万年嘘ばっか吐いてる》

といった指摘があがっている。

まったく、ひろゆきとはどこまでピュータンな男なのだろうか…。

【あわせて読みたい】