阿部華也子『めざまし』で“びしょ濡れ”中継「スタジオに入れてくれ…」

(C)Djomas / Shutterstock

大学時代にバーへ行ってテキーラをあおり、その場にいた男性と10分間もキスをしていたお騒がせタレント・阿部華也子。あのスキャンダルから1年、ついに〝禊〟の時が訪れたようだ。

それは12月1日のことだった。この日の関東地方は、12月最初の日に似つかわしくない温暖な気候。上着すらいらないほど暖かな1日だったが、それには直前の台風一過のような天気が関係していた。11月30日未明から大雨が降り続き、地域によっては警報も出るほどの荒天となっていたのだ。

この雨は翌朝まで降り続いたため、『めざましテレビ』(フジテレビ系)の天気コーナーも6時台までは雨の中の放送となる。レポーターの阿部はフジテレビ社屋から中継し、屋根の下でカンペを読むも、前髪はなぜか濡れ濡れ。その様子は、雨の激しさを物語っていた。

“10分濃厚キス”の罪を洗い流す雨か…

まるでキスの罪を洗い流す〝禊〟かのような雨だったが、視聴者はこの様子に同情したようだ。ネット上には

《かやちゃんびしょ濡れじゃん 風邪に気をつけて》
《髪めっちゃ濡れながらもこんな日も外で中継すげえなぁ》
《かやちゃんをスタジオに入れてくれ…》
《髪が濡れてる。かわいそう。わざわざ外で天気予報してもらう必要ないじゃん》
《髪の毛が雨に濡れちゃってるじゃないか、かわいそうに!》

といった声があがった。

「心が土砂降りの涙雨なのは阿部ファンの方ですよ。くだんの〝出会いバー10分濃厚キス〟スキャンダルからちょうど1年が経ちますが、阿部は今日にいたるまで一度も説明を果たさず、何事もなかったかのように人前に立っている。それどころか知らぬ存ぜぬでYouTubeまで始めていますから、あれがガセネタだと否定してほしいファンは梯子を外された気分でしょう。こうしたファンの無念さを考えれば、雨の中でレポートするくらい何てことありません。むしろ、屋根があるのに前髪が濡れているのは不自然ですし、同情を誘うためにあえて濡らしたのかと思ってしまいます」(週刊誌記者)

「口は災いの元」とはよく言ったもの。1度のキスでここまで大きな禍根を残すとは…。

【あわせて読みたい】