貴島明日香“びしょ濡れ”でお天気レポ「イジメだ」「何でわざわざ…」

貴島明日香 

貴島明日香 (C)まいじつ 

12月1日放送の『ZIP!』(日本テレビ系)に、お天気コーナー担当のモデル・貴島明日香がいつものように出演した。

この日の関東地方は前日未明から大雨が降り続き、地域によっては警報も出るほどの荒れ模様。雨が去った後は台風一過のように晴れ渡り、12月とは思えないほど気温が上昇したものの、8時前までは激しい雨が降り続いていた。

この天気によって、この日のお天気コーナーはかなり過酷なものに。普段利用している日テレ社屋のスペースには屋根がないため、貴島と気象予報士の小林正寿氏はフード付きのレインコートを着用し、雨風が吹き荒ぶ中で情報を伝えていく。

しかし、雨は凄まじく、コートを着ていても貴島の前髪は濡れ濡れ。風で飛ばないようフードを終始押さえてのレポートを続け、7時台半ばの中継でやっと傘に切り替えた。番組終了間際にようやく止んだようで、傘もフードも使わずいつも通りの笑顔を見せるのだった。

濡れ濡れでの天気中継に視聴者同情「イジメだろ」

そしてこの中継に対し、ネット上には

《この雨 風の中 わざわざ外で天気予報なんて やる意味あるの? イジメだろ》
《室内でやってあげて》
《こんな天気の中、外で天気予報しないといけないなんてかわいそう》
《近頃はスタジオにいることが多いのをなんでこんな雨風の強い日にわざわざ外に出すのだろうか》
《何でわざわざ雨の中天気予報とかやらせんのよ? 明日香ちゃんかわいそう(涙)なんとかハラスメントだぞ(笑)》

といった声が。どうやら視聴者は、天候によって中継場所やスタイルを変えるべきだと、貴島に同情したようだ。

「この日は他局も荒天の影響を受けたようで、裏番組の『めざましテレビ』(フジテレビ系)でも、天気レポーターの阿部華也子が前髪を濡らしてカンペを読んでいました。しかし、彼女がレポートしたのは屋根の下からで、レインコートのフードを被らずとも余裕の表情。屋根のない場所から雨ざらしでレポートし、フードを被らないとままならないほど必死な貴島の方が称賛に値しますね」(テレビ誌記者)

好きなお天気キャスター1位の女王・貴島と、昨年まで1位だった旧女王の阿部。ここでも明暗が分かれるとは。

【あわせて読みたい】