佐々木希の棒演技が不安? コメディードラマ主演に「爆死しなきゃいいけど」

佐々木希 

佐々木希 (C)まいじつ 

タレントの佐々木希が、来年1月スタートのドラマ『ユーチューバーに娘はやらん!』(テレビ東京系)で主演を務めることが分かり、話題になっている。

同ドラマは秋元康氏が企画・原作を手掛けるラブコメディー。佐々木の連ドラ主演は4年ぶりで、テレ東ドラマでは初主演となる。

佐々木は、12月1日に自身のインスタグラムを更新し、《この作品は女性が共感出来るところが幾つも散りばめられており、何度もクスッと笑いました》とコメント。続けて《この年代の悩みや葛藤をしながらも、明るく前を向いて進む千紗の姿に私自身も勇気をもらったので、皆様にもお届け出来たらいいなと思いました。コメディを演じた経験があまり無いので、私にとって大きな挑戦にはなりますが、話し方、表情など、コメディならではの魅力にどっぷり浸かりながら千紗を演じたいと思います》と意気込みを語っている。

佐々木の報告に、ファンからは、

《のぞみん主役なんだ! コメディードラマみたいだけど、どんな演技するのか今から楽しみ》
《ドラマ楽しみだなぁ。やっぱ希ちゃんは主役が似合うと思う》
《コメディー出演はあまり見たことないから期待したいですね。どんな演技を見せてくれるのかな?》
《ドラマ出演、おめでとうございます! これから寒くなるので体には気を付けてくださいね》

など、期待の声が寄せられている。

佐々木希といえば棒演技だが…

一方、佐々木といえば〝棒演技〟なイメージが強く、これまでに演技力が評価されたことはほとんどないため、ネット上では

《コメディーってめちゃ難しいんだけど、佐々木希で大丈夫かな。爆死しなきゃいいけど》
《秋元康と佐々木希か。コメントしづらい組み合わせ…》
《佐々木希はもうちょっと本気で演技の勉強したほうがいい》
《よりによってコメディードラマとか、役者の実力が顕著に出るやつじゃん》

など、早くも不安の声が広がっている。

「佐々木は2018年4月期のドラマ『デイジー・ラック』(NHK)で主役を務めていますが、大ヒットドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)と同じ海野つなみ氏の原作にもかかわらず、平均視聴率3.7%(関東地区、ビデオリサーチ調べ、以下同)と大爆死しています。同枠のドラマは他に、清原果耶主演の『透明なゆりかご』が5.3%、岡田将生主演の『昭和元禄落語心中』が3.8%、多部未華子主演の『これは経費で落ちません!』が6.6%ですから、どれだけ苦戦したかハッキリ分かりますね。今度のドラマはコメディー作品ですが、コメディーはかなりの演技力を必要とします。佐々木にはまだ荷が重いと思います」(テレビ誌ライター)

前回主演した『デイジー・ラック』は第2話を皮切りに、視聴率の下落を続け、戻ることはほぼなかった。来年1月の新ドラマは佐々木の俳優としての試金石となるだろう。


【あわせて読みたい】