木村拓哉の“主演男優賞”に疑問の声「忖度ハンパない」「ちょ待てよ!」

木村拓哉 画/彩賀ゆう (C)まいじつ

『第46回報知映画賞』の受賞者・受賞作品が11月30日に発表。俳優の木村拓哉が『マスカレード・ナイト』で主演男優賞、永野芽郁が『地獄の花園』『そして、バトンは渡された』で主演女優賞をそれぞれ初受賞した。

木村はデビューから30周年を迎えた節目の年で、初の主演男優賞を受賞。「本当にたくさんの作品や役者さんがいる中で選んでいただいて、とても嬉しい。こういった選考に自分が対象として存在したことがあまりなかったので…」と喜びを語った。

同映画はベストセラー作家・東野圭吾氏による『マスカレード』シリーズの映画化第2弾。公開7日目で観客動員100万人、興行収入13.5億円を突破し、公開23日目で200万人を超えた。公開23日目でのこの記録は、2021年公開の実写映画で最速となっている。