浜崎あゆみ“名曲カバー”にファン落胆「モノマネしてる」「寄せなくても」

浜崎あゆみ 

浜崎あゆみ 画/彩賀ゆう (C)まいじつ

歌手の浜崎あゆみが、12月1日放送の『2021FNS歌謡祭 第1夜』(フジテレビ系)に出演。ケガをした身ながら大きなドレスで下半身を隠して歌って話題になったが、松任谷由実のカバー曲の歌い方に不満を漏らす視聴者が多く現れた。

ドレス姿の浜崎はソファに腰をかけながら『No way to say』を熱唱したほか、松任谷の『春よ、来い』もカバー。番組では松任谷のコンサートで壮大なステージ演出に感銘を受けてから、浜崎が松任谷をリスペクトしていると紹介された。

浜崎は「春よ、来い」でも巨大なドレス姿でダンサーたちを引き連れたものの、骨折した影響もあってか上半身のみしか動かさず。右手にマイクを持ちながら右を向いて懸命に歌うおなじみのポーズを見せた。

ユーミンの声に寄せた?「アユの歌が聞きたい」

足首を骨折したばかりの浜崎だったが、無事に自分の出番を終えた。だが視聴者は「春よ、来い」の歌声に疑問の声を寄せた。視聴者は「No way―」では浜崎本来の歌い方だったとしたものの、「春よ、来い」では松任谷の声そっくりだと指摘。浜崎が自らの意思で松任谷の歌い方に寄せてきたのではとしつつ、浜崎オリジナルの歌い方で松任谷の歌をカバーしてほしかったと惜しむ声が続出している。

《めっちゃユーミンに寄せて来るじゃんw》
《春よ、来いはユーミンのが聞きたいし、アユならアユの歌が聞きたいわ》
《リスペクトからだろうけど、ユーミンに寄せて歌わなくてもあゆのままで歌っても十分相性の良い曲だと思うんだけどなぁ》
《あゆの歌い方はこれユーミンに似せてるだけ?こんな声の出し方じゃなかったよね?》
《ところどころに浜崎あゆみ節が出てるからなんか違和感。もっと突き抜けて浜崎あゆみ色にしたほうが気持ちいいのに》
《あゆ、ユーミンのことディスってないよね?》
《テレビつけたらあゆがユーミンのモノマネしてる》

リスペクトの表現の仕方は難しい。

【あわせて読みたい】