本田翼“CM女王”初獲得に納得の声「そりゃCMだけに集中するよ…」

本田翼 

本田翼 (C)まいじつ

ゲーマーを自称してオタク層からも人気を集め、現在はユーチューバーとしても活躍するタレントの本田翼。彼女が今年の〝CM女王〟に輝いたが、ネット上で良くも悪くも「妥当」という評価が下されているようだ。

12月1日に発表された『2021タレントCM起用社数ランキング』(ニホンモニター調べ)では、2位の国民的俳優・芦田愛菜を抑えて本田が1位に。16社のCMに起用され、初めての年間1位を獲得している。また、上半期のランキングでも本田は15社で断トツのトップ。芦田のほか、広瀬アリスや広瀬すずなどの強敵も抑え、見事に今年のCM女王に君臨したのだった。

「本田といえばユーチューブの広告でもたびたび見かけるソフトバンクの新料金形態『LINEMO』や、ファッションサイト『ZOZO TOWN』のCMを思い浮かべる人が多いでしょう。他にもゲーム好きにちなんで攻略サイト『GameWith』にも起用されています。彼女はCMのジャンルに偏りがなく、王道のCMからコミカルなものまで幅広く対応。それが本田の魅力であると同時に、起用者数ランキングにも反映されたのかもしれませんね」(芸能ライター)

“圧倒的演技派”はCMくらいがちょうどいい?

マルチタレントとして名誉ある称号を獲得した本田。しかしネット上には、

《そりゃCMだけに集中するよ…。だって演技が棒すぎるから、適当に踊らせて歌わせとくしかできないからでしょ?》
《本田翼はCMが一番輝いている》
《CMはかわいいと思うけど、そろそろ合わない役でドラマ出すのやめて欲しい》
《この人が出ているドラマは見られない。そしてどのCMが何の会社か思い出せないくらい同じ印象》
《ドラマとかで無理に使うよりCMで使うのが正解だと思う》

などの辛辣な意見が寄せられている。どうやら本田の〝演技力〟が、ネットでの評価に直結しているようだ。

「以前から演技力を指摘する声の多かった本田。現在出演中の月9ドラマ『ラジエーションハウスII ~放射線科の診断レポート』(フジテレビ系)でも、たびたび視聴者から批判の声があがっています。その点、CMは短時間で演技力を必要としないため、本田が輝ける場となっているのでしょう」(同・ライター)

俳優業をセーブし、タレント業に力を入れていけば、本田の評判はもっと上がっていくのかもしれない。

【あわせて読みたい】