『いきなりステーキ』の値上げにシラケ声「高級店になってしまったのか…」

いきなり!ステーキ 

いきなり!ステーキ (C)StreetVJ / Shutterstock

12月1日、飲食チェーン『いきなり!ステーキ』が主力ステーキメニューを値上げすると発表。急な値上げに、利用したことのある人たちからは辛辣な声が相次いでいる。

利用者たちの度肝を抜いたのは、公式サイトにアップロードされた「販売価格改定についてのお詫びとお知らせ」というトピック。《平素より、いきなり!ステーキをご愛顧頂き誠にありがとうございます》と前置きし、物価が高騰していることを説明。そして《止むを得ず12月1日より主力ステーキメニューについて、販売価格の値上げをさせて頂きます》と値上げを発表していた。

どの商品もかなり大幅な値上げとなっており、主力である『ワイルドステーキ300g』は税込1419円から1804円に。他の商品も100円から300円ほど値上げされており、全体的に安くステーキを食べられるという値段ではなくなった印象だ。

値上げに困惑? いきなり倒産を心配する声も…

発表当日に即値上げというスピード対応に、ネット上では、

《は? いきなり値上げしてんじゃねえよ》
《高級店になってしまったのか…》
《少ない客がさらに離れていく》
《たったっ高いーっ! これでは頻繁に行けなくなるな!》
《売りのワイルドステーキ400円もあげるんかよ》
《いきステめっちゃ値上げするやん、チェーン店じゃないなもう》
《もう行くこと無いんだろうなぁ…。もともと安くなかったけれど他の店行くわ》
《現状いきステ行くお金あるなら別の個人とか、チェーンのステーキ屋行った方が満足度高いのに、更に値上げってもう終わったも同然じゃん…》

などと憤慨する人が続出している。

「『いきなりステーキ』は、2020年12月の最終損益で39億円5500万という大赤字を叩き出し、まさに崖っぷちといった状況。再起をかけて2021年に、から揚げ専門店『からあげ くに』を開店しましたが、わずか3カ月ほどで閉店し、経営は悪化の一途を辿っています」(グルメ誌ライター)

昨年から閉店店舗が続出している「いきなりステーキ」。今回の値上げでますます客離れが加速しそうだが…。ファンのためにも、いきなり倒産は避けてほしいものだ。

【あわせて読みたい】