地下アイドルの“解雇理由”に驚愕…「アイドルって言葉は軽くなったね」

(C)Yunaco / Shutterstock

地下アイドルグループ『ハートの心電図』が11月28日、メンバー・廻神ななを解雇すると発表。ファンから「裏切られた」と悲鳴が上がっている。

グループの公式ツイッターは《【大切なお知らせ】廻神ななについてご報告がございます」》として、2枚の書面を添えて廻神の解雇を報告。《廻神ななとしてファンの皆様に挨拶する場を設けましたが裏切られる形となり、今回このような形で発表することとなりました。日頃より応援していただいているファンの皆様ならびに関係者の皆様には突然の発表となり誠に申し訳ございません》と謝罪した。

さらに解雇にいたる経緯として、度重なる違反行為があり、改善努力を願い出たところ、廻神からグループを辞めたいとの申し入れがあったことを明かし、違反行為の一例として、オーディション時の募集要項に対する詐称、前グループ脱退理由の虚偽、度重なる遅刻、虚偽の発言、禁止されている連絡(繋がり行為)、喫煙(禁煙のライブハウス楽屋やトイレ内での喫煙)、レッスンの無断欠席を挙げている。

現代で見直されるべきはアイドルの価値?

廻神の解雇理由に、ファンからは

《一方的な音信不通とか尋常ではない。もう辞めるからって、後のことはどうでもいいって感じの人間なんだろうな》
《アイドル失格というか、それ以前に社会人失格。一例って書けなかった内容はかなりすごそう》
《アイドルって言葉は本当に軽くなりましたね。昔のアイドルといえばテレビ出てコンサートで応援したりするくらいだったのに》
《違反のオンパレード。凄いな。ここまで来るとアイドルやる気なかったのでは?》
《いつからアイドルってフリーパスの仕事になったん? 選ばれし者しかなれない職業だと思うんだけど》

など、驚きの声が上がっている。

「まさに不祥事のオンパレードで、ファンにしてみれば『裏切られた』という気持ちでいっぱいでしょうね。もっとも地下アイドル業界では、この手の話は決して珍しいことではなく、問題を起こして解雇されたアイドルが、運営とSNS上で〝中傷合戦〟を繰り返しているケースもあります。廻神は現在、自身のツイッターアカウントを削除して雲隠れ中ですが、さすがにここまでの悪事が露呈してしまった以上、引退も考えられるでしょう」(アイドルライター)

地下アイドル業界はセクハラ、パワハラ、過重労働、賃金未払いなど、運営側の不祥事が問題視されることが多い。しかし、今回ばかりはアイドル側のあまりの素行不良に、運営側への同情の声が多く上がっているようだ。

【あわせて読みたい】