有吉弘行が冠番組の“ヤラセ”暴露!「ショック…」「知らなかった」

有吉弘行 

有吉弘行 (C)まいじつ 

12月1日に放送された『有吉の壁』(日本テレビ系)3時間スペシャルで、MCの有吉弘行が過去の〝不正〟を告白して番組ファンを驚かせた。

そのくだりがあったのは、「ごちそうの壁を越えろ! 高級中華争奪大喜利」のコーナー。この大喜利企画は、今まで番組で何回も行われている人気シリーズ。大喜利で有吉から「○」を貰えた回答者が、料理にありつけるという内容だ。

今回の放送で、1問目が出題されて芸人たちが答えを考えている中、有吉が突然「以前までは事前に問題を教えていたんですけど…」と暴露。これに芸人たちが「言わなくていいでしょそれ!」とツッコミを入れるが、このコーナー初出場の『インパルス』板倉俊之は「僕、信じてましたよ。(テレビを)観ながら」と驚く。

ここで有吉が「今回からこの場で(お題を)初見」「(今までは)前日から考えてきた答えをここで書くだけって仕事だった」と更に言及すると、『チョコレートプラネット』長田庄平は「前日からじゃない、行きのロケバスで考えている」と補足していた。

『有吉の壁』に「大喜利ヤラセだったのかよ」

大喜利コーナーの裏側が突然暴露された今回の放送に、ネット上では

《は、大喜利ヤラセだったのかよ》
《え、大喜利のお題、事前に言われてたんだ知らなかったw》
《まさか大喜利が事前に知らされてたとは…笑》
《「有吉の壁」の大喜利は事前問題ありのヤラセだったのか…ショック…笑点システム?》
《別にどこからも怒られてないのに、ちゃんと大喜利お題事前周知をバラす番組》
《えー! 先にお題を伝えてから撮影してたんだ。今日は初見と…。ちょっとなぁ…》

など、驚きや落胆の声があがっている。

「当たり前ですが、大喜利企画はぶっつけ本番でやるのが普通。その場のノリで、答えを被せあったりして盛り上がるのも醍醐味ですからね。しかし『有吉の壁』出演者は、大喜利に慣れていない芸人が多い。そのため、今までは事前に準備させてあげていたのでしょう。メンバーが成長してきたのを見て、有吉がぶっつけ本番スタイルへの移行を指示したのかもしれません」(芸能記者)

これからが、芸人の本領発揮となりそうだ。

【あわせて読みたい】