『恋です』に小関裕太ファン悲鳴!“嫌われ役”に「複雑です」「クソすぎて…」

杉咲花 杉野遥亮 

杉咲花 杉野遥亮 画/彩賀ゆう (C)まいじつ 

俳優の杉咲花と杉野遥亮が出演するドラマ『恋です! ~ヤンキー君と白杖ガール~』(日本テレビ系)の第8話が、12月1日に放送された。その回で、めちゃくちゃ嫌味なキャラクターが登場し、演じている俳優のファンが悲鳴を上げている。

色と光がぼんやりわかる程度の弱視の主人公・赤座ユキコ(杉咲)は、おっちょこちょいなカメラマンの父・誠二(岸谷五朗)と、心配性なネイリストの姉・イズミ(奈緒)との3人暮らし。ある日、道端で、喧嘩っ早いけど純粋な不良少年・黒川森生(杉野)と出会う。ユキコは黒川に一目惚れされ、それから付きまとわれるようになる…というラブストーリーだ。

これまでの話で、ユキコと森生は晴れて付き合うことに。ピュアでラブラブな日々を送っていたのだが、第8話で、そうした日々に暗雲が立ち込める。ユキコの初恋相手だという幼なじみ・緋山(小関裕太)が現れたのだ。

緋山は爽やかイケメンである上、博識で、常識も優しさも持ち合わせている超高スペック男子。いわば、森生とは正反対のタイプの人間だ。

就職支援の講師である緋山は、ユキコら視覚障害者をサポートしていく。そうした様子を森生はモヤモヤした様子で見守り、緋山に対抗意識を燃やす。しかし、地域イベントのクリスマスマーケットを実施した際も、緋山はその高スペックぶりで森生を圧倒。森生は自信をなくしていく。

「緋山は嫌いになっても小関は嫌いにならないで」

そして遂に緋山は、森生に対して「黒川君とユキコ、合わないんじゃないかな」「やっぱり、僕がユキコを幸せにしたい」と宣戦布告するのだった。

ラブラブな2人に突然割って入ってきた緋山。当然のごとく、視聴者からは大ブーイングが起こっている。するとこの評判を受けて、緋山を演じている小関ファンが悲鳴。ネット上では

《花ちゃんと小関くんで違うドラマやってほしい。小関くんがわるものになるのは嫌だ》
《小関くん好きなだけに複雑です》
《小関くんは好きだけど役の性格がクソすぎて嫌いになりそう》
《恋ですをご視聴の皆さん。緋山くんは嫌いになっても小関くんは嫌いにならないでください》
《すでに炎上してる模様。小関くんに罪はないですよー、みなさーん》
《小関くんこんな役ばっかりだな…》

といった声を上がっている。

嫌われ役を請け負った小関には、拍手を送りたい。

【あわせて読みたい】