松田ゆう姫の食事マナーにア然…!「床で食うな」「食べ方で台無し」

(C)Krakenimages.com / Shutterstock

タレントの松田ゆう姫が11月30日、自身のインスタグラムを更新。34歳の誕生日を迎えたことを報告したが、ネット上では松田の〝マナーの悪さ〟に注目が集まってしまったようだ。

松田は、《今日は11月30日、私の誕生日です。深夜のインスタントヌードルとクラッシックな映画で34歳の幕をあけました》とコメント。続けて、《しかしやっと33歳に馴染んできたとこだったのに え、もう34歳!というような感じ。 乗ってる飛行機が乱気流に巻き込まれて、シートベルトをぎゅっと締め直す時のように、自分を見失わないように、適当に楽しくいつまでも風に乗りながら旅が出来たら嬉しいな 34歳も楽しみです》と34歳の抱負を語った。

松田ゆう姫のマナーの悪さを指摘する声

松田の喜ばしい誕生日報告に、ファンからはお祝いの言葉が寄せられた。しかし、松田が床に直置きでラーメンを食べていたことから、ネット上では

《床で食うな》
《育った文化が違うのかな?と思う》
《床に座ってインスタントラーメンって、引っ越し当日くらいしかしなくない?》
《親の名前がなければ34歳でこれはキツい兄ふたりは自立してるのにね》
《演技はまぁまぁいいのに、食べ方で台無し》

などといった指摘が寄せられている。

「松田は、俳優の故・松田優作さんと松田美由紀の長女で、アーティストとして活動。今年3月にはドラマ『コントが始まる』(日本テレビ系)で、スナックのママ役として俳優デビューを果たしています。デビュー作にして《演技上手すぎて演技してないように見える》《役にさらりと入り込んでて、一瞬ずつがうまい》などと概ね好評でした。しかしそれ以降、他番組での出演は見られず、俳優としての先行きは低迷しています。一部ではまだ〝親の七光り〟との声も後を絶たないので、もう少し自分を客観視したほうがよさそうです」(芸能記者)

二世タレントと呼ばれないためには、ある程度の品の良さも問われるようだ。

【あわせて読みたい】