安室奈美恵「劣化」を嫌がった引退

(C)まいじつ

歌手の安室奈美恵が公式ホームページで、来年のデビュー記念日の9月16日をもって引退することを発表した。安室は9月16日と17日に沖縄で25周年記念公演を行ったばかりで、それから3日後の20日に40歳の誕生日を迎えた日の発表だった。

引退の理由などは明かしておらず、関係者も「本人にしか分からない」という。所属レコード会社によると、11月8日にベスト盤を発売する予定で、引退までの1年間は日本やアジアでツアーを開催するという。

安室は14歳で歌手デビューし、四半世紀にわたって第一線で活躍し続けてきた。全作品の総売り上げ3700万枚を誇る歌姫が表舞台から去ることに、ファンや関係者は驚きを隠せない。

「注目されるのは、ライブでは全くMCをしない安室が、今後は自分の進退について語る可能性があるということです。その内容が引退に関する話題になるとは皮肉ですね」(音楽ジャーナリスト)

5年ほど前から近しいスタッフに「40歳ぐらいで退きたい」と明かすこともあったという。史上初の10代、20代、30代という3世代でミリオンセラーを記録するなど、ヒット曲は数えきれない。ただ、活動スタイルは年齢を重ねるごとに変わっていった。結婚、出産後、さらに30代になってから地上波テレビ番組にはほとんど出演しなくなった。

それでもファンと向き合うことを大事にしてきた。引退発表後にはSNSで《燃え尽きたのだろうな》《もう十分に歌ったから休んでほしい》《思い出をありがとう》《最後のライブは楽しみです》と、安室をねぎらう投稿が散見された。

 

「一時的な現象のスターで終わりたくない」

「1995年1月発売の『TRY ME ~私を信じて~』の売り上げが70万枚を超え、“アムラー”と呼ばれるファッションスタイルが社会現象になったとき、安室は『一時的な現象のスターで終わりたくない』と、ストイックに自分が表現したいものを追求していきました。完全主義者で周囲を寄せ付けないほどのカリスマ性があったのです」(同・ジャーナリスト)

完全主義という点では、2011年の公演において喉の調子を理由に6曲で打ち切ったこともあった。負けず嫌いで“劣化”という表現を極端に嫌がった。デビュー25周年と40歳という節目を迎え、歌とダンスが衰える前に引退するという自身の美学を貫いた形だ。

引退を発表したブログでは、今後について次のようにも記載されていた。

《引退までのこの1年 アルバムやコンサート、最後にできる限りの事を精一杯し、有意義な1年にしていきたいと思ってます。》

「引退はしますが、プロデューサーという形で歌手を育てたりする事業を始めるかもしれません。ですが、これまでずっと第一線を走り続けていたわけですから、まずはゆっくり休んでほしいです」(同・ジャーナリスト)

発売が予定されているベスト盤は爆発的に売れるだろう。大スターが多くの思い出を残して去って行く。

 

【あわせて読みたい】

水原希子のテレビ出演にインスタ…全てに非難殺到

テレビ朝日が中居正広を切り捨てか

「ごめん、愛してる」最終回前に離脱者が続出した理由

大谷翔平MLB移籍濃厚で女子アナが大焦り

市川海老蔵「再婚最有力候補」小林麻耶との複雑な関係