『FNS歌謡祭』で“リトグリの右”が話題「誰なの?」「めっちゃかわいい!」

(C)Roman Samborskyi / Shutterstock

12月1日に放送された『2021 FNS歌謡祭 第1夜』(フジテレビ系)に、大人気コーラスグループ『Little Glee Monster』が出演。これまでも圧倒的な歌唱力でファンを魅了していたが、今回はそれだけでなく、意外な反響も呼んだ。

長時間生放送の同番組で、『リトグリ』は19時台に行われた「クリスマスソングメドレー」のコーナーに登場。クリスタルのシャンデリアが飾られたステージで、桑田佳祐による冬の名曲『白い恋人たち』を披露した。

4人は左から順番に、かれん、MAYU、manaka、アサヒの順番でステージに立ち、名曲をしっとりと歌い上げていく。サビでは美しいハモリやハミングを織り交ぜ、心に響く旋律を奏でていた。

『リトグリ』の武器は歌だけじゃない!!

彼女らのパフォーマンスに、ファンから《本当に素敵でした!》といった声が寄せられた一方、

《リトグリの右の子、カッコよすぎる!》
《Little Glee Monsterの向かって一番右の子、めっちゃかわいい! 歌声もだけど特に見た目が》
《リトグリの右の子って誰なの? めっちゃかわいい》
《リトグリの一番右にいる人、見るたびにどんどんキレイになってません? 美人さんだし。これで歌声もキレイだなんて…》
《リトグリの右の子、ほんと好きで泣いてる》

など、〝リトグリの右〟に対する反響のコメントがネット上に相次いでいた。

「1番右にいたのは、アサヒというメンバーです。彼女はグループのビジュアル担当といっても過言ではないほどで、その美しさは年々増していく一方。番組放送終了後には、自身のインスタグラムに、衣装を着用した写真をアップしています。やはりそこにも、称賛のコメントが溢れ返っていました」(芸能ライター)

 

この投稿をInstagramで見る

 

アサヒ(@lgm_asahi_official)がシェアした投稿

『リトグリ』は歌声、ビジュアル共に無敵のアーティストへと成長を遂げているようだ。

【あわせて読みたい】