『ドライフラワー』優里の“素顔”に驚き「こんな顔だったか」「イケメンだ」

(C)Dean Drobot / Shutterstock 

『ドライフラワー』で今年のヒット歌手となったほか、プライベートで『Juice=Juice』メンバーとの同棲が発覚し、脱退に追い込み、さらには三股まで行っていた公私とも絶好調な歌手・優里。12月1日、彼が自身のYouTubeチャンネルに動画を投稿し、口内の腫瘍を切除したと公表した。

11月16日にツイッターで《病院いく、、、、、、はぁ本当にやだよね病院って》とつづるも、その後深くは語らず、かまってちゃんぶりでファンを心配させていた優里。この日の動画では、「結論から言いますと手術してきました」と述べ、ツイートの真相を初めて公にした。

本人いわく、母親とうなぎを食べに行ったところ、喉に骨が刺さったような違和感を覚え、病院で内視鏡検査を受けたそう。しかし、骨らしきものは見当たらず、代わりに口腔内の右奥に米粒サイズの小さな腫瘍が見つかったという。

しかし、翌日にライブを控えていたため、この日は治療せずそのまま帰宅。後日、再び病院を訪れると、麻酔なしで腫瘍を摘出。激痛を感じる手術に、「絶対思っちゃいけない感情を抱いた」と医師に殺意を覚えたことをにじませている。

顔面に興味を持たれるレベルでもなく…

これはネット上でもニュース配信され、ファン以外の人々も一連の流れを知ることに。しかし、これに対して寄せられたのは

《こんな顔だったっけ》
《こんな胡散臭い顔だっけ?》
《この人見るたび顔違う》
《見た目がもうチャラい》
《へーこういう顔だったんだ 思ってたよりはイケメンだった》
《顔をちゃんと見たことが無いけど世間では流行ってるみたいです》

など、無関係なものばかりだった。

普通に素顔で活動している優里だが、なぜこんなコメントが多いのか。一般人の多くは歌手の顔なんて大して気にしていないようだ。


【あわせて読みたい】