『千鳥』大悟が漫才中にポロリ…「新人なら放送事故レベル」

千鳥 

千鳥 画/彩賀ゆう (C)まいじつ 

お笑いコンビ『千鳥』の大悟が、12月5日放送の『THE MANZAI 2021』(フジテレビ系)でハプニングを起こし、視聴者の間で話題になっている。

この日の漫才で、大悟はギャグを考えてきたといい、反復横跳びで右に跳んだときにだけおならが出る男、との一発ギャグを披露。大悟は左右に跳びながら右に移動したタイミングで「プッ」と口でおならの音を再現した。

「一回なかったことにしてください」などと言ってギャグを繰り返した大悟。4回目の反復横跳びを披露した際、大悟の右ポケットから黄色く細い物体が飛び出て床に落ちた。

大悟の右ポケットからライターとタバコがポロリ…

ノブが「ライターが落ちた!」とツッコミを入れてライターをひろい上げ「そんなもん、置いてこいよお前は!」と指摘すると、大悟は右ポケットからタバコの箱を取り出し、ステージから舞台袖下手に投げた。

ネタ終了後、ステージからいったん去った2人だったが、MCの『ナインティナイン』岡村隆史が「大悟、タバコ! タバコ!」と呼び掛けると大悟が再び登場。小走りで現れてライター、タバコをひろい上げ、申し訳なさげにステージを後にした。

この日の反復横跳びとオナラのネタは「つまらない」との声が多数。一方でライターを落とすくだりだけは「面白い」との声が続出したものの、一部ではタバコを持ったままステージに出たことに疑問を呈する視聴者もいたようだ。

《千鳥のライターのところやっぱりハプニングだったんだ めっちゃ面白かった》
《ライターなかったら千鳥ダントツ最下位だったろw ライターあったおかげでウーマンラッシュアワーには勝った》
《ライターが落ちるハプニングを面白いという人もいるが、それは千鳥にとって1番言われたくない反応だと思う。あれがなかったらヤバかったよね》
《千鳥のネタ全然面白くないのに、動きのあるネタ中にライター飛び出してきたのおもろすぎる》
《なにこれ…千鳥じゃない新人とかなら放送事故レベル》
《公共の電波使ってるテレビ出る奴がタバコ持って出てんだよ プロ意識が低い》

激しく動けばライターが落ちることぐらい、よく考えれば分かっただろうに…。

【あわせて読みたい】