大島優子「ニューヨーク留学」強行の目的

(C)まいじつ

元『AKB48』の大島優子が、語学留学のためにアメリカのニューヨークへ8月に渡航していたことが分かった。留学期間は約1年になるという。大島は7月に宮城県仙台市で行われたファンミーティングで「人生チャレンジということで、海外に行きます」と宣言していた。

「2014年6月にAKBを卒業したあと、仕事の合間を縫って積極的に海外旅行に出掛けていました。その時々に得た充実感が、今回の決断にもつながったようです。語学の勉強はもちろん、女優としてエンターテイメントの本場、ブロードウェーの雰囲気を肌で感じようとしています」(芸能記者)

また、大島はスポーツが好きで、かなりの運動神経の持ち主でもある。

「語学習得後は野球のメジャーリーグやヨーロッパのサッカーリーグを、英語を駆使して取材するという方向に進むことも考えられます」(同・記者)

スポーツキャスターに向いていそうだが、すでにこのポジションには、すでに『S☆1』(TBS)で名を売った小島瑠璃子がいる。

 

大きな仕事がないために留学か

大島は11月に配信が予定されているWOWOWとHuluが共同制作した連続ドラマ『コートダジュールN°10』に出演するが、撮影はすでに終えている。もともと留学を視野に入れていたからか、この9月以降は仕事をセーブしており、8月中にテレビ番組などのロケも消化したという。

「海外へ行くということは、国内での仕事が減っているということの裏返しともとれます。9月以降にあまり大きな仕事のオファーがなかったのでしょう」(芸能関係者)

一説には、ニューヨークへの留学を強行するのは、恋人と逢瀬を楽しむためではないかとの憶測もある。

「いまのところ大島に恋愛の噂はないです。それよりも元AKBとして、海外留学をして“OBの成功例”となるべく努力しているというのが真相のようです。宿命のライバル、前田敦子も女優としての地位を固め始めたので、大島としては正念場を迎えているのではないでしょうか」(同・関係者)

小島や前田と張り合うための“武器”を手に入れられるのか注目だ。

 

【あわせて読みたい】

水原希子のテレビ出演にインスタ…全てに非難殺到

テレビ朝日が中居正広を切り捨てか

「ごめん、愛してる」最終回前に離脱者が続出した理由

大谷翔平MLB移籍濃厚で女子アナが大焦り

市川海老蔵「再婚最有力候補」小林麻耶との複雑な関係