ヒコロヒー“違法な高利貸し”に批判殺到!「一般常識があればわかる」

ヒコロヒー 

ヒコロヒー 画/彩賀ゆう (C)まいじつ 

12月1日深夜放送の『ぺこぱポジティブニュース』(テレビ朝日系)に、話題沸騰中のピン芸人・ヒコロヒーが出演。YouTubeチャンネルに投稿した動画が〝指摘〟を受けたと明かしたが、その内容のせいでアンチが急増しているようだ。

同日の番組では、中学生の男の子が発案した飲食店の集客アプリを紹介。ヒコロヒーは自身のYouTubeチャンネル『ヒコロヒーの金借りチャンネル』にて、〝人にお金を借りる〟という企画の動画をアップしていると語る。

また、人にお金を貸すという企画も行ったようで、ギャンブル狂いの芸人・岡野陽一に「10日で5割の利子」の〝トゴ〟という闇金顔負けの利子でお金を提供したそう。しかし、この動画はもちろん炎上。ただヒコロヒーはそれについて「『それは違法ですよ』って教えられて。そんなんも知らんから、義務教育に入れてほしいんですよ」と開き直る。あまりに無知な様子に、番組MCの『ぺこぱ』松陰寺太勇も「(高額な利子が違法なことは)教育しなくてもわかるけどね…」と指摘していた。

もはや芸人にあらぬ所業!?

自身の無知を義務教育のせいにするヒコロヒーに対し、視聴者もさすがにドン引き。いくら動画の企画とはいえ、高利貸しをする彼女にネット上では、

《見ていて恥ずかしい》
《何でもかんでも教育のせいにしたら駄目。自分で学んでいかないといけないのではないですか?》
《借りるほうもだけど貸すほうもクソ》
《なんかさ、言い方悪いけど生き方が昭和だよね。どの層に受けてるのかな、この人》
《大人としての一般常識があれば大体わかることでは? ネタで言ってるのは分かるけど、そんなん義務教育で教えるわけがないwww》

などの批判が続出している。

「ヒコロヒーはもともと〝借金芸人〟として有名になった芸人で、動画では悪びれることなくお金を借りる様子が映し出されています。何を隠そう〝お金にだらしない〟というキャラクターが彼女の売りですが、やはり一般人受けは悪い模様。媚びない姿勢などは好感が持たれているようですが、他に〝遅刻魔〟や〝タメ口キャラ〟などが相まってアンチが増えつつあるようです」(芸能ライター)

近年はヒコロヒーや『空気階段』の鈴木もぐらなど、借金を抱える芸人の人気に火がついている。コロナ過などで所得が減る人もいる現代社会では、彼女らのような人たちを見ることで勇気づけられるのだろうか?

【あわせて読みたい】