『ゴチ』クビメンバーが決定?“売れっ子は卒業”の法則で浮上したのは…

松下洸平 

松下洸平 画/彩賀ゆう (C)まいじつ 

『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)の人気コーナー『ゴチになります』が、残り2戦でクビレースの佳境を迎えている。ここにきて、クビ有力候補が浮上しているようだ。

現在の順位は、以下の通り。

第1位 矢部浩之 6万50円
第2位 岡村隆史 38万9400円
第3位 中条あやみ 52万8200円
第4位 ノブ 65万6900円
第5位 松下洸平 72万5844円
第6位 増田貴久 104万9106円

増田がぶっちぎっているためクビが確実視されているのだが、有力候補は松下だという声も多い。

ヤラセ? 橋本環奈や土屋太鳳の例にならうと…

「松下は今期よりレギュラーに加わったばかり。初お披露目となった登場シーンでは、周りのリアクションの薄さから、松下の知名度の低さが浮き彫りとなっていましたね。しかしその後松下は、同番組で存在感を発揮するだけでなく、本業の俳優業でも大活躍。出演した地上波の連ドラ作品が、『知ってるワイフ』(フジテレビ系)、『最愛』(TBS系)という大ヒット作だったこともあり、今年はじめとは比べ物にならないほど知名度と人気があがりました。ところが、そのために〝クビ〟が濃厚になっているのです」(芸能記者)

実は「ゴチ」は、売れっ子のタレントがすぐにクビになってしまうケースが相次いでいる。表向きは「クビレース」に負けたための降板だが、裏ではヤラセ疑惑も浮上しているという。

「実際、最近のケースを見ると、橋本環奈、土屋太鳳、本田翼はいずれも1年でクビになっています。これには、二階堂ふみの〝炎上〟が関係しているでしょう。二階堂はレギュラー出演してから2年目に『女優業に専念したい』という理由で自主降板。すると番組ファンから『みんな必死でやってるのになめるな!』と批判されてしまったのです。そのため、もう〝自主降板〟という手を使えなくなった俳優たちが、わざと負けてクビになっている…というわけです。松下が最終戦で最下位になり、逆転でクビになる可能性は十分あるでしょう」(同・記者)

「ゴチ」ほどの人気番組を降板したいなんて、なんと贅沢な話なのだろうか。

【あわせて読みたい】