新垣結衣に“アンチ”が急増! 最新姿にイチャモン「まあ年相応」

新垣結衣 

新垣結衣 (C)まいじつ 

圧倒的な美貌と好感度を誇る俳優の新垣結衣に、不穏な空気が漂っている。なぜか、アンチが急増しているらしいのだ。

12月7日、来年スタートするNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』のツイッター公式アカウントにて、新垣が役に扮した姿の画像が公開された。新垣が演じるのは、主人公・北条義時(小栗旬)の初恋の人であり、源頼朝(大泉洋)の最初の妻・八重。着物姿でおでこを出した時代劇らしい格好の新垣は、素朴ながら存在感が抜群だ。

女性人気が高いのは独身女性タレントなのか…?

しかし、この姿が公開されると、ネット掲示板などには

《思ったより似合っていない。肌のコンディション悪そう》
《急にオバサンくさくなったね、まあ年相応というか》
《ガッキーって演技下手でかわいいだけでやってきたのに、年取ってこれからどうするんだろう》
《なんかすっかり、ガッキーに興味がなくなってしまった》
《ガッキー結婚して雰囲気かわったね。普通の人に見える》
《歳は誰でもとるし、それはわかるけど、星野源と婚約発表してから、かわいく見えなくなった。本人が幸せならいいんだけどさ。急に変わった感が凄くてね》
《結婚発表した頃からイメージ大事にしすぎてなのか、余計に顔とか雰囲気とかおかしくなってない?》

など辛辣なコメントが殺到した。

「人気女性タレントは結婚すると、男性ファンが減るだけではなく、女性のアンチが急増します。ルックスも仕事も恵まれている上に、幸せな家庭まで築いてしまっていることで、嫉妬心を芽生えさせてしまうのでしょう。実際、2020年の『女性が選ぶ理想の〝オトナ女子〟ランキング』では、1位が石田ゆり子、2位が天海祐希、3位が鈴木京香といずれも独身。女性から人気があるのは、決まって独身のままでいる女優なのです」(芸能記者)

少子化時代に結婚した女性が叩かれるとは、何とも世知辛い世の中だ…。

【あわせて読みたい】