『FNS歌謡祭』でアニソンはあり?「微妙な空気になる」今週のテレビ事件簿ランキング

(C)marcogarrincha / Shutterstock

今週もさまざまなバラエティ番組やCMが話題となったテレビ業界。旬の話題をお届けする『まいじつ』の読者に、今週もっとも注目された、バラエティ番組やCMのランキングと記事をご紹介します(12/9配信まで、独自ポイントで集計)。

1位 FNS歌謡祭 : 『FNS歌謡祭』でアニソンはあり?「微妙な空気になる」「つい見ちゃう」と賛否 584pt.

『FNS歌謡祭』でアニソンはあり?「微妙な空気になる」「つい見ちゃう」と賛否

2位 THE MANZAI : ビートたけしと確執!?『THE MANZAI』和牛のネタに「ゾッとした…」 135pt.

ビートたけしと確執!?『THE MANZAI』和牛のネタに「ゾッとした…」

3位 ヒルナンデス! : 『ヒルナンデス』の“韓国ゴリ押し”に視聴者辟易「チャンネル変えた」 129pt.

『ヒルナンデス』の“韓国ゴリ押し”に視聴者辟易「チャンネル変えた」

4位 有吉の壁 : 『有吉の壁』クビ疑惑の芸人が久々出演も…「また干されそう」 97pt.

『有吉の壁』クビ疑惑の芸人が久々出演も…「また干されそう」

5位 CDTVライブ!ライブ! : 『CDTV』期待の新星アーティストがキンタロー。激似?「歌が入ってこない」 54pt.

『CDTV』期待の新星アーティストがキンタロー。激似?「歌が入ってこない」

ビートたけしと確執!? 『THE MANZAI』和牛のネタ

今週もっとも衝撃的だったのは、『2021 FNS歌謡祭 第1夜』(フジテレビ系)でのアニソンラインナップ。近頃、音楽番組で〝アニソン〟に力を入れるケースが増えてきました。12月1日放送の「FNS歌謡祭」もその傾向にあり、賛否の声が寄せられています。

「FNS歌謡祭」は、1974年からスタートしたフジテレビの大型音楽特番。「テレビを通して新しい日本の歌謡曲の方向を定め、明日のテレビ文化の創造を目指し制定する事」を目的としており、様々な楽曲にスポットが当てられています。

この日の番組でも、テレビアニメ『ウマ娘 プリティーダービー Season2』のOP主題歌『ユメヲカケル!』や、LiSAによるテレビ版『鬼滅の刃 無限列車編』のOPテーマソング『明け星』など、多くのアニソンが登場。ネット上では、

《FNSにアニソンが出てくるのすげぇな…》
《アニソン多くて好き》
《いいね、アニソン流れてるとついつい見ちゃう》
《FNS歌謡祭は普段見ないけど、アニソン流れるとなればチャンネル回すみたいなとこある》
《もうFNS歌謡祭アニソンだけでええ。アニソンが少なすぎる。知らん曲ばっか》

といった好意的な声が見受けられました。しかしその一方で、

《おい、ウマ娘がFNS歌謡祭でてるらしいぞ(アニソンがテレビから流れたら番組変えちゃう)》
《お茶の間が微妙な空気になる》
《アニソンは入れてほしくないね。雰囲気に合わなさすぎる》
《アニメ枠でかなりキツいのが出てくるの、放送部で校内にアニソン流して空気冷やすのが面白いと思ってる痛めのオタクが、そのまま成長せずに出世した感ある》

など辛辣な声も。近年、アニメは市民権を獲得し、一般層にも浸透してきました。そのうちアニメソングが音楽番組を席捲する日が来るかもしれません。

続いては、12月5日放送の『THE MANZAI 2021』(フジテレビ系)での一幕。お笑いコンビ『和牛』が漫才を披露し、いつものように爆笑をかっさらうかと思いきや、番組の最高顧問を務めるビートたけしの表情は凍りついていたようです。

「和牛」が披露したのは、ボケ担当の水田信二が潔癖性すぎるという切り口のネタ。「吉本興業に置いてある消毒用アルコールの成分を確認する」「ステージの上はトイレと同じ」など、潔癖すぎる一面を明かしていきます。

「和牛」が漫才を終えると、MCの『ナインティナイン』岡村隆史が「たけしさん座ってはったんで、本当にトイレにいるみたいに映ってしまいましたけど」とコメント。しかし、たけしは岡村の発言をスルー。テレビのオンエアでは、たけしが「和牛」と岡村の発言にも触れることはありませんでした。

観客は笑っていたものの、たけしは終始真顔。その反応があまりにも無慈悲だったためネット上では、

《和牛の時たけし全然笑ってなかったから怖かったわ》
《たけしさん、和牛となんかあったの…? メッチャ無表情じゃん》
《和牛の時、たけしさん全く笑わず…コメントもせず…あの場面ゾッとしたわ…》
《和牛さんの時のたけしさん怖かったわ》
《和牛たけしさんに嫌われてるんか?》
《たけしは和牛のこと嫌いなんか? すごい無表情》

などの声が続出。「和牛」がたけしに対して何かやらかしたのでは、と邪推した人も多かったようです。

果たして、来週はどんな事件が起こるのでしょうか。

【あわせて読みたい】