予告詐欺!?『SUPER RICH』がもう無茶苦茶…「ついていけない」

江口のりこ 赤楚衛二 画/彩賀ゆう (C)まいじつ 

12月9日、江口のりこ主演のドラマ『SUPER RICH』(フジテレビ系)の第9話が放送された。この回で〝予告詐欺〟があったとして、視聴者を呆れさせている。

主人公の氷河衛(江口)は、プライベートを顧みずに仕事一筋で生きてきた、ベンチャー企業『スリースターブックス』の社長。裕福な家に生まれ、人生で一度もお金に困ったことはない。「お金があれば何事も解決できる」と考え、利益をより多く出すため、忙しなく働く日々を送っている。そうした中、インターン試験を受ける貧乏学生・春野優(赤楚衛二)と出会うのだった。

「これまで同作は、物語に全く影響しない事件が相次ぐ〝無意味なジェットコースター展開〟で、散々視聴者を呆れさせてきました。どうしてそんな展開ばかりが起こるかは察しが付きます。というのも、『SUPER RICH』はドラマ冒頭で、その日の〝終盤の展開〟を先にチラ見せして、視聴者の気を引こうとする手法を毎週取り入れていますからね。『一体何があってそんな展開になるんだ…!?』と期待させて、毎回それを裏切ってくるクソ展開が用意されています」(テレビ誌記者)