『YOASOBI』ボーカルが相方に激おこ?「無理ゲー」「目うるうる」

(C)Mix and Match Studio / Shutterstock

12月12日の『情熱大陸』(TBS系)は、人気ユニット『YOASOBI』への密着の様子を放送した。ボーカルの「ikura」こと幾田りらが軽く怒りを口にする場面があり、視聴者の同情を集めた。

Ayaseが作る音楽はパソコン上で完成させていることを、パソコン画面を見せながらナレーターが解説。ボーカロイド・初音ミクの声を吹き込んで仮の歌に仕上げ、幾田に渡してからレコーディングしている。

カメラはレコーディングにも密着。幾田はAyaseが作る曲について「普通の歌よりも音(の上がり下がり)が激しい」としつつ、「あとは、息吸うところがなかったりとか…難しいです」と漏らした。

Ayaseは幾田とスタジオでやりとりし、息つくひまを与えない歌詞について「息継ぎのポイントとかも、歌い慣れてくると多少変わってくるから」とした。「はー…」と相づちを打つ幾田に、Ayaseは「のどの無理をさせない程度にちょっと頑張ってもらって…」と指示。幾田は苦笑いして「はー…」とAyaseの言葉に応えた。

Ayaseが陰口? そこへ幾田りらが…

席を外したAyaseはカメラに向かって「りらちゃん、めっちゃ渋い顔してましたよ…」とつぶやいた。

「『今はこうだからこうだったけど…』みたいな」と陰口をたたいたところ、そこに口を「へ」の字に結んだ幾田が入室。Ayaseは「あっ…」と気付くと、周囲からは笑い声が。自身の前に立った幾田を「なんとかしよう!」と励ましたが、陰口が聞こえていたのか幾田は「おこです!」と漏らした。

ツイッターでは仲睦まじげなやりとりを見せた2人だったが、テレビではその後も「息継ぎがないです…」と漏らした幾田に視聴者は同情している。

《ikuraちゃんおこだ でも歌うの本当に難しそう…!》
《目うるうるしながら、おこなikuraちゃんかわいい》
《ikuraちゃんの「おこです」かわいいです たしかにブレスポイントが無いのは怒るわなww》
《息継ぎがないって言ってるところikuraちゃんめちゃくちゃ苦しそうだからかわいそうで見てられない…》
《歌の息継ぎの戦略を立てるのがあんなに大変だったなんて気づかなかった》
《ikuraさん本人が歌うのに息継ぎで苦労してんだ、そりゃあカラオケで歌うの大変ですわ》
《ikuraちゃんの息継ぎ問題よくわかる。曲聴きながら歌うと息継ぎできなくて死にそうになる》
《そもそもボカロ曲を人間に歌わせるってのが無茶振りだもんなあ…》
《やはり生歌息継ぎ問題と生演奏アレンジはかなりの無理ゲーなのよね。笑》

壁に耳あり障子に目ありとはまさにこのことか。

【あわせて読みたい】