渋谷すばるが“怪文書”を連発! ツイッターの意味深行動にファンもドン引き…

渋谷すばる 

渋谷すばる 画/彩賀ゆう (C)まいじつ 

12月12日、元『関ジャニ∞』の渋谷すばるが、ツイッターアカウントを突如削除。削除直前の〝奇行〟にファンがドン引きしている。

渋谷は唐突に《私は私ではなかったんだ》とツイート。続けて、《様々な物事が溢れている世界で、私にしかない表現とは何か》《私から出る全てはそれで、もはや私ではないのかも知れない》《果てがなく誰も居ないプールは暗い海のようだ》と意味深な発言を連発した。

そして、見えない何かに《きっとまだあるはずだ。この世の全てが理解できない何かが》と、自身の希望を見出していた(現在は削除済み)。

記録を更新した渋谷すばるの奇行

その後、渋谷のツイッターにアクセスすると何故か「問題が発生しました」と表示される人が続出。間もなくアカウントは削除されたものの、ポエムとも取れるツイートに、ネット上では

《私以外私じゃない…だろ?》
《夏目漱石「我が輩は猫である」》
《文学的な表現がしたいんだろうけど意味深な言葉を並べただけの怪文書w》
《さらにこじれてて草》
《アイコンもクリエイティブになってますやんw どしたん?》
《やっと自我が芽生えたのかな?》
《すばるは哲学者に転生したんや》

などといった反響が続出している。

「渋谷は同日、10回以上もツイッターのアイコンを変更。水泳選手らしき謎の写真を連投し、ファンをザワつかせました。一方、インスタグラムでは夕日の中を駆けていく少年の写真をアップしており、コメント欄は閉鎖されています。前々からSNSを巧みに活用し、お得意の自分アピールでコアなファンの気を引こうとしてきた渋谷ですから、今回の奇行もそのうちの1つかもしれません。なぜアカウント削除にまで至ったのかは明かされていませんが、本人に衝撃的な出来事があり、事後告知されるのかもしれませんね」(芸能記者)

〝意味深発言〟で有名なミュージシャンのASKAは、去年12月にツイッターで《位置情報 マイクロ波 赤外線 体温これを組み合わせて人型ができるんだ。写真や映像のようには見えていないので一般人の方は安心していい》というコメントを残し、心配の声が続出していた。

今回の渋谷の奇行も通常運転であることを願うばかりだ…。

【あわせて読みたい】