大阪・ビル火災に“犯行予告”が…?『京アニ』放火の模倣犯の可能性も浮上

(C)Ollyy / Shutterstock 

12月17日午前、大阪の繁華街で火災が発生。27人が心肺停止、19人の死亡が確認された。

警察や消防によると、17日の午前10時20分ごろ、大阪市北区曽根崎新地のビルで「4階が燃えている」と通報があり、消防車50台が出動。消火活動を行い、約30分後に消し止められた。ビルは8階建てで、火元と見られる4階部分には心療内科などの患者を診察するクリニックが入っていて、20平方メートルが燃えたという。捜査関係者の話では、男が火をつけたとの情報があり、大阪府警は放火の疑いがあるとみて捜査している。