意味不明…『SUPER RICH』予告詐欺の連続に「何がしたいんだ」

江口のりこ 画/彩賀ゆう (C)まいじつ 

12月16日、江口のりこ主演のドラマ『SUPER RICH』(フジテレビ系)第10話が放送された。予告詐欺をしたいがための意味不明な展開に、視聴者から呆れ声があがっている。

主人公は、プライベートを顧みず、仕事一筋で生きてきたベンチャー企業『スリースターブックス』の社長・氷河衛(江口)。裕福な家に生まれ、これまでお金に困ったことはない。「お金があれば何事も解決できる」と考え、利益をより多く出すため、せわしなく働く日々を送っている。そうした中、インターン試験を受ける貧乏学生・春野優(赤楚衛二)と出会うのだった。