綾瀬はるかや本田翼も!“極小ビキニ”に“過激濡れ場”…大物俳優の下積み時代

綾瀬はるか 

綾瀬はるか  (C)まいじつ 

デビュー後、即スターになる芸能人は一握りで、大抵の場合は売れない下積み時代が存在するもの。まだ仕事を選べるほど売れていないため、今からすると考えられないことをしていた芸能人も多い。

数々の人気作に出演している大女優・有村架純は、20歳の時に57歳の俳優と舌入れキスをする役柄を演じた。問題の作品は、今をときめく『なにわ男子』の大西流星も出演していた2013年放送の『スターマン・この星の恋』(フジテレビ系)。お相手は俳優の國村隼で、何とも濃厚な舌入れキスと年齢差があったためネット上で拡散。ドラマを見ていない人々も大きな衝撃を受けた。

CM・バラエティーで活躍する本田翼も、当初は〝エロ仕事〟が多かった。2013年に出演ドラマ『ショムニ』(フジテレビ系)で超ミニスカを履いたかと思えば、同年の『安堂ロイド』(TBS系)では胸に密着したナース服を披露。その前年、高校生役を演じた深夜ドラマ『Piece』(日本テレビ系)でも、主演・中山優馬とやたらとベッド上でイチャつくシーンを熱演している。

こちらは直接的なシーンはなかったものの、なんとも妄想力を掻き立てられる〝迷演〟であった。ただ、売れてからも『くりぃむしちゅー』有田哲平とのキスシーンやベッドシーンを行なっているため、下積み時代には限らないのかもしれない。

下半身を露出した芸人に追いかける“ヨゴレ仕事”も

グラビア出身の女優はさらに直接的な〝エロス〟を求められ、後に〝黒歴史〟と言われるパターンが多い。

かつてそのグラマラスボディーで天下を獲った小池栄子も、『ウッチャンナンチャンのウリナリ!!』(日本テレビ系)で、興奮した『キャイ~ン』ウド鈴木から抱きつかれたことが。吉岡里帆も、その名を一躍轟かせることになった『週刊プレイボーイ』でのグラビアを、「ワンコインの雑誌で消費された」などと後悔する発言を残している。

オリンピック関連の仕事を請け負うなど、今や名実ともに国民的女優の綾瀬はるかもこのパターンだ。ホリプロスカウトキャラバングラビア部門出身の綾瀬は、恵まれたボディを活かして写真集やDVDをリリース。面積の小さいビキニでイベントに登壇するなど、典型的な売れないグラドルだった。

さらには、コンプレックスを持つ女性を大変身させる『ビューティーコロシアム』(フジテレビ系)に〝クビ寸前のぽっちゃりグラドル〟として登場し、ゴールデンタイムで水着や体重を公開し、ダイエット企画に挑んだことも。レギュラーを務めていた『品庄内閣』(TBS系)でも、下半身を露出した品川祐に追いかけられ、悲鳴を上げながら逃げ惑うといった仕事を行なっている。今からは到底考えられないだろう。

売れていない多くのグラドル・女優たちも、今から作品を集めておけば、数年後〝お宝〟になるかもしれない。

【あわせて読みたい】