「新しい地図」立ち上げ後3人に現れた「変化」

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

元『SMAP』の稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾の3人が、共同でファンサイト『新しい地図』を開設した。

3人の代理人弁護士はマスコミ各社にファクスを送付し、《3氏は、今後のクリエイティブなアーティスト活動を株式会社CULENとともに展開していくことを決定しましたので、併せて報告いたします。》と発表している。また、《株式会社CULENとの関係は、単なるタレントとエージェントとの関係を超えて、クリエイティブ面におけるイコール・パートナーとして、互いにアイデアを出し合いインスピレーションを与えあって新たなエンターテインメントを創り上げていく形を目指しています。》ともある。

株式会社CULENには、SMAP元マネジャーのI氏が会社役員として名を連ねている。

「基本はマネジメントの部分的な提携ということではないでしょうか。I氏は3人のマネジャーだったころ、仕事上で横暴な態度で接していた人間も多く、いまでも関わりを拒否する人もいます。I氏が取れる仕事は取って、ほかの事務所とも提携し、個人でも仕事を取ろうというスタイルだと思われます」(ジャニーズライター)

3人の活動が明らかになったことで、多くのファンが喜んだ。

「ジャニーズ時代は公式サイトでも写真が掲載されず、他人が撮ってインターネットにアップものなどはすぐ削除されていました。いまはそんな制限もなくなり、草彅がバイクに乗る写真がネットへ流出しています。そのバイクも、800万円はするハーレーのビンテージバイクであることが分かったのです」(同・ライター)

 

AbemaTVに3人揃って出演予定

香取は9月23日に最終回放送を迎えた『SmaSTATION!!』(テレビ朝日系)に出演後、送迎車のなかから顔は出さなかったものの、手を振るサービスをしてみせた。明らかにジャニーズ事務所に所属していたころとは変化が現れている。

「11月2日から3日間にわたって放送されるAbemaTVの『#72時間ホンネテレビ』に3人が生出演する予定だと発表されました。今後は3人とも自分流にブログ、ツイッター、インスタグラムなどでメッセージを発信するようです」(女性誌記者)

3人はすぐ大きな仕事は得られなくても、それに代わる“自由”を得たようだ。

「最初は独立を後押しし、その後に話を反故にしていた大手芸能事務所のT社もK社も、3人のバックアップに前向きになっているようです。当初、中居正広がいないことで手を貸さない意向でしたが、中居の裏切りを見て、逆に中居がいない方がいいと考えた模様です。これは、すぐ中居にも伝わったらしく、中居は驚いて絶句し、鬼のような形相をしていたそうです」(同・記者)

中居も何らかの動きを見せるに違いない。

 

【あわせて読みたい】

板野友美が元カレTAKAHIROに暴露攻勢

香取慎吾が「スマステ最終回」で話したいこと

「アパホテル不倫」袴田吉彦の離婚裏事情

稲垣、草彅、香取の新サイトに込められた「皮肉」メッセージ

水原希子出演CMが「誹謗中傷」殺到で炎上