山之内すずは人気がない!? CM多数出演も“YouTube爆死”の謎…

山之内すず 

山之内すず (C)まいじつ 

モデル・タレントとして〝今年の顔〟とも言える飛躍を遂げた山之内すず。その仕事量には眼を見張るものがあるが、一方で実人気には乏しい〝ゴリ押し〟なのではないかという側面も目立っている。

現在の山之内は、CM契約8社を抱える売れっ子のCMタレント。これは、有村架純や石原さとみ、浜辺美波、櫻井翔、香取慎吾、小栗旬らに並ぶ数で、弱冠20歳ながら、その勢いがうかがえる。

テレビ・雑誌・CMと連日各メディアに露出し、まさしく売れっ子となっている山之内。しかしその実、人気のバロメーターであるYouTubeの再生回数は〝爆死〟もいいところなのだ。

彼女がYouTubeチャンネルを開設したのは、目下ブレーク中の今年7月のこと。YouTubeデビューを報告した記念すべき最初の動画は、現在までで最も高い再生回数を記録している。しかし、その数は12月27日現在で4.1万回と、露出量からは考えられないほどの少なさだ。チャンネル登録者数も2万人を下回っており、期待値からすれば惨憺たる有様である。

需要ナシ・人気ナシ・話題性ナシの〝三無主義〟なのか?

メーク動画、料理動画、踊ってみた・歌ってみた、ルーティーン公開といったYouTube定番の企画も、山之内の手にかかれば再生回数は数千~1万ほど。12月に公開した動画も2000~7000回と、相当に苦しんでいることが分かるだろう。

「8月2日放送のラジオ『SCHOOL OF LOCK!』(TOKYO FM)に出演した山之内は、『一番のニュースは、山之内、YouTubeチャンネルはじめました!』と報告。『さっそく垢BAN食らいました! なんで!? 何にもしてない! 何にも悪いことしてないのに』『そんな始めて数日で垢BAN食らうことあります?』とも報告しており、話題提供と宣伝に余念がありません。しかしこうした成果も全く実っていないのですから、単純に仕事が多いだけで実人気はそれほどなのでしょう」(芸能事務所関係者)

動画投稿の度に哀れさが増す山之内。撤退するなら今のうちだが…。

【あわせて読みたい】