『Mステ』King Gnu常田大希の兄が演奏! サプライズにファン大興奮

(C)Roman Samborskyi / Shutterstock

12月24日放送の音楽特番『ミュージックステーション ウルトラ SUPER LIVE 2021』(テレビ朝日系)に、ロックバンド『King Gnu』が登場。常田大希の兄でヴァイオリニストの常田俊太郎がしれっと出演しており、ファンの間で話題になっている。

この日「King Gnu」は、『劇場版 呪術廻戦 0』のED曲『逆夢』をテレビ初披露。ヴァイオリンを基調にした前奏から始まるのだが、そこになんと俊太郎の姿が。他のメンバーとハーモニーを奏でながら、「King Gnu」のパフォーマンスに華を添えた。

思わぬサプライズにネット上では、

《常田の兄、ヴァイオリン弾いててワロタ》
《さっきのMステ、常田さんの兄上いた気がするんですが…。気のせい?》
《Mステ常田兄いた! びっくり》
《Mステ常田兄も出てるじゃんか》
《東大卒で起業家社長でMステでヴァイオリン弾いたの常田さん(兄)が史上初じゃない?》
《常田兄のヴァイオリンぬいたMステ優勝》
《常田兄、革ジャン着てると鬼才にしか見えないな…。今日鬼才が珍しくきれいめファッションだった》

といった反響が。前フリなどで俊太郎の出演が明かされていなかったこともあり、驚いた人も多かったようだ。

常田家は音楽一家! 兄弟共演は初ではない

「俊太郎は東京大学を卒業した後に、ヴァイオリン演奏者の道を選んだ変わった経歴の持ち主。ですが音楽一本というわけではなく、普段はIT企業の社長として活躍しているようです。これまでも大希が主宰する音楽プロジェクト『millennium parade』のヴァイオリン奏者として音楽番組やライブに出演しており、その度に話題になっていました。俊太郎が出演する際は番組などで紹介されることが多いので、触れられなかったことで逆に話題になったのでしょう」(音楽誌ライター)

余談だが、大希の家族は全員が音楽を嗜んでいる音楽一家。両親はピアノ奏者で、幼い頃から音楽に触れていたようだ。かなり裕福だったようで、なんと大希の祖父はカラーテレビの開発者。そんなエリート一家の中で育ったからこそ、大衆に支持される一流の音楽を生み出せるのだろう。

天から二物も三物も与えられている常田一家。そのマルチな才能を活かし、これからも兄弟共々活躍してほしいものだ。

【あわせて読みたい】