Toshlの『呪術廻戦』主題歌カバーに批判「残念」「悪い意味で鳥肌」

Toshl 

Toshl (C)まいじつ 

12月24日放送の『ミュージックステーション ウルトラ SUPER LIVE 2021』(テレビ朝日系)に、ミュージシャンのToshlが登場。話題の楽曲をカバーしたのだが、視聴者からは批判が殺到している。

この日の番組では、特番恒例の「Toshl 3択」を実施。3つの候補曲の中から視聴者が選んだ1曲をToshlが歌う企画なのだが、今回は高難易度の楽曲ばかり。史上最高の〝激ムズソング〟と称されている、Eveの『廻廻奇譚』、Adoの『阿修羅ちゃん』、氷川きよしの『限界突破×サバイバー』の中から、Toshlは投票で選ばれた「廻廻奇譚」を披露することに。

「廻廻奇譚」は、大人気アニメ『呪術廻戦』のOPに起用されており、アニメとともに大きなヒットを記録している。使用音域が広く、歌いこなすのが非常に難しい楽曲だ。

そんな「廻廻奇譚」をToshlがステージ上で歌唱。高音を得意とするToshlは音域をつかめていないのか、低音で歌う出だしはつまづいてしまったような印象を受ける。しかし、コーラス部分は、さすがの高音とシャウトで挽回。見事に歌い上げて番組を盛り上げていた。

さすがに選曲ミス? Toshlに『呪術廻戦』ファンからブーイング

しかし、Toshlの「廻廻奇譚」に対して、ネット上では、

《Mステで廻廻奇譚を歌ってたけどマジで下手だった。イメージ崩れるからやめて欲しい》
《どれだけ歌が上手くても、絶対に手を出しては駄目なものってあるのね》
《Toshlの廻廻奇譚、全然下手くそで笑った。外れすぎだろ》
《廻廻奇譚はEveだけでいい》
《Toshlさんの廻廻奇譚ってよかった? 最近の曲を歌えるのはすごいけど、良さがわからなかった》
《MステでToshlの廻廻奇譚聞いて、悪い意味で鳥肌立った》
《下手だから聴きたくない。テレビ消した》
《Toshlがこんな歌下手なの珍しいな。残念》

などの苦言が殺到してしまった。

これまでも「Toshl 3択」ではAdoの楽曲を披露して、ファンから反感を買ったことがある。とはいえ、Toshlは日本屈指のボーカリストであることは間違いない。是非とも『X JAPAN』の楽曲を披露してもらいたいが、歌えない事情でもあるのだろうか…。

【あわせて読みたい】