劇場版『呪術廻戦』3週目で1位陥落! 公開延期の『スパイダーマン』に完敗…

トム・ホランド (C)Tinseltown / Shutterstock

1月7日から始まった映画『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』。公開直後から宿敵である『劇場版 呪術廻戦 0』を蹴散らす好スタートを記録したものの、舞台あいさつでの炎上騒動は未だに終息していないようだ。

12月半ばから世界中で放映され、日本では遅れての公開となった「スパイダーマンNWH」。公開を待ちわびていたファンも多く、1月8日から9日の「映画ランキング」(興行通信社調べ)で初登場1位を獲得している。続く2位は同作のライバルとして話題を呼んでいた、大人気作品のアニメ映画「劇場版 呪術廻戦 0」。公開当初から常に1位を独占していた同作だが、「スパイダーマン」の登場によって公開3週目でついにトップの座を受け渡すのだった。