イメージ調査1位の新垣結衣「恋の噂」は?

(C)まいじつ

9月25日、ビデオリサーチ社が年2回行っている『テレビタレントイメージ調査』の2017年8月度の結果が発表され、女性タレント部門では前回2位の新垣結衣が首位に輝いた。

ランキングは1位新垣、2位浅田真央、3位天海祐希、4位綾瀬はるか、5位DREAMS COME TRUE、6位深田恭子、7位石原さとみ、8位渡辺直美、9位イモトアヤコ、10位北川景子と続いている。

2012年8月から同ランキング内の新垣の順位を追っていくと、12位、14位、15位、11位、10位、12位、8位、11位、9位と、安定して上位には食い込んでいたものの、首位を獲得したのは今回が初めて。

「昨年10月放送の『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS)の大ヒットで一気に上位との差を縮めました。また今夏クールの連ドラ視聴率1位を獲得した『コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~』(フジテレビ)でも主役の山下智久とダブル主演と言ってもいいくらいの好演をしたので、好感度がグンと上がったのでしょう。これで新垣のドラマのギャラが1話あたり200万円以上に跳ね上がると予測できます」(芸能記者)

新垣にはさまざまなCMのオファーが来ているが、「今はどこに出るか吟味している状態」だという。「いま慌ててオファーを受けると逆に安売りとなり、損をするという判断です」(同・記者)

 

恋愛はマスコミもノーマーク

これだけ好感度が高いと、怖いのはイメージがダウンする恋愛の噂だけとなるが…。

「新垣は今、まったく恋愛の噂を聞きませんね。ガードが堅いというよりも、出会いに恵まれていないのでしょう。オフの日には女友達とショッピングを楽しんだり、料理をしていたりと自由気ままに過ごしているようです。まあ、彼氏ができたらすぐに発表するような潔い性格ですけどね」(同・記者)

ちなみに、今、新垣結衣にマスコミも『ほぼノーマーク』という状態のようだ。

「記者が自宅や遊び先に張り込んでも、全く恋愛の片鱗すらも見えないようです。もしかすると、うまく隠しているのかも」(同・記者)

たとえ恋愛が見つかっても「逃げるは恥」だと思っている新垣なら、ちゃんと発表してくれそうだ。

 

【あわせて読みたい】

「今年で消えると思う一発屋タレント」上位の顔ぶれは…

工藤静香に「籠絡」された亀梨和也に批判集中

後藤久美子の娘・エレナに芸能界から厳しい声

「ものまねグランプリ」青木隆治にヤラセ疑惑

有吉弘行が生駒里奈にとった態度で炎上