テレ朝・田中萌アナ“学歴社会”に苦言も…「遠回しのマウンティング?」

(C)Krakenimages.com / Shutterstock

テレビ朝日の田中萌アナウンサーが、1月17日放送の『変わる報道番組#アベプラ』(ABEMA)に出演。東京大学のキャンパス前で受験生ら3人が切り付けられた事件について言及した。

田中アナは偏差値70という、山形県でもトップクラスの県立山形東高等学校の出身。東大を目指していたという犯人の少年について、「私も地方の進学校みたいな高校にいまして〝東大、東北大、国立医学部に行かないのは高校の生徒じゃない〟みたいな環境だったんですよね」と切り出し、「そこで私は1浪して私立大学に入ったので、その当時の私の絶望感っていうか、〝人生終わったな〟という感じには結構凄まじいものがあった」と述懐した。

そして、「当時はその先にはいろんな選択肢があって、職業があって、生き方があって、ということが分からなかったんです。先輩方が行ったルートしか成功じゃないと思って生きていたので、そこから外れそうになった時の恐怖というのが思い出されて…。東大よりもっと下を受ければいいじゃんみたいに思うかもしれないけど、その人にとっては、それ以外はありえないってくらい追い詰められてるのかな」と語った。