炎上騒動から一転…ドラマ『妻、小学生になる。』に称賛「号泣」「腰抜けた」

石田ゆり子 画/彩賀ゆう (C)まいじつ

俳優・堤真一主演の連続ドラマ『妻、小学生になる。』(TBS系)第1話が1月21日に放送。平均世帯視聴率が7.7%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)だったことが分かった。

同作は『週刊漫画TIMES』連載中の村田椰融氏による同名漫画をドラマ化。愛する妻・貴恵(石田ゆり子)を10年前に亡くした新島圭介(堤)が、生まれ変わって10歳の小学生の姿になった妻(毎田暖乃)と再会し、生きる喜びを取り戻していくホームドラマだ。

第1話では交通事故で貴恵を亡くしてしまった新島の元に、ランドセルを背負って小学生となった妻が〝見知らぬ女の子〟として帰ってくるシーンが描かれた。