月9初回放送を変更させた小池百合子都知事の存在感

(C)まいじつ

放送開始の近づいているフジテレビの“月9”ドラマ『民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~』が、衆議院総選挙の影響で初回放送の予定されていた10月16日から1週間延期し、23日からスタートするという。

「今回の選挙は22日が投開票日です。16日はちょうど選挙戦の真っ最中。民衆の敵は選挙に立候補する女性が活躍するというストーリーなので、視聴者が何らかの影響を受けてしまうというのが表向きの理由です」(テレビ雑誌ライター)

同ドラマでは、学歴も資格もない主婦が高額収入と家族の幸せを求めて市議会議員に立候補するというストーリー。篠原涼子の演じる佐藤智子が持ち前の正義感を生かし、女性と主婦目線で行政の闇に挑むというコメディタッチの内容だ。高橋一生、石田ゆり子、前田敦子、千葉雄大、お笑いコンビ『トレンディエンジェル』の斎藤司、古田新太などの出演者が脇を固めている。

 

放映時間を忖度した

「希望の党代表の小池百合子東京都知事が“風”を起こしている現状にあるためか、篠原の劇中の活躍は何となく小池知事に似ているようにも感じられます。一部の報道にもあったように、フジテレビの権力者である日枝久元会長と安倍晋三総理が昵懇の関係であるため、『放映時間を忖度した』という話も実際に出ています。確かに、情勢に勢いを付けるようなドラマを放送したくないと考えるのは与党の方でしょう。何らかの政治的判断がフジテレビの内部で働いたと考えるのが妥当ではないでしょうか」(同・編集者)

民衆の敵には、近ごろ一気に人気を高めた高橋一生も出演する。高橋は、藤堂誠という選挙で議席を争う智子のライバルを演じる。代々続く政治家一家の次男で、将来は総理大臣も嘱望されているが、政治家になりたくないと葛藤するうちに誰も知らない裏の顔を持つようになるという役柄だ。

「高橋のファンからはフジテレビに『予定通りに放送しろ!』とクレームがきているようです。フジテレビは、22日の投開票日にボクシングのWBA世界ミドル級タイトルマッチ、因縁の村田諒太対アッサン・エンダム戦の中継予定とも重なってしまい、どうにも運がない印象が拭えません」(同・編集者)

いま最も勢いのある政治家、小池百合子知事は、月9の放送日まで変えさせている。

 

【あわせて読みたい】

AKBから除名のSNH48が「中国政治宣伝組織化」か

「さんま御殿」バトルする広末涼子と坂上忍に批判の声

逃げ惑うブルゾンちえみ「過激ドッキリ」に批判殺到 

高橋一生の「ドM食生活」に女性ファン悲鳴

菅田将暉と広瀬すず「公開イチャイチャ」に交際疑惑浮上

各所で嫌われるHey! Say! JUMP・伊野尾慧