元女子アナ高島彩の演技に絶賛の嵐

「とはいえ、彼女には“役者の血”が流れているんです。父の竜崎勝(故人)さんは、NHK大河ドラマなど時代劇を中心に活躍した名優でしたし、実兄も元俳優です。今回、高視聴率を記録したことで、本人は自信を深め、俄然やる気になっています」(ベテラン芸能記者)

その兆しは、秋ごろからあったという。『徹子の部屋』(テレビ朝日系)に出演した折、高島は、「フジテレビに育ててもらったという気持ちが強く、フジテレビに出ている自分しかイメージしたことがなかったのですが、退社してもう5年。そろそろ新しい世界をと思っています」 と告白していたのだ。

「過去の例で見ると、NHKアナから女優に転身した野際陽子のパターンや、高島と同じ局の先輩の八木亜希子のようなアナウンサー半分、女優半分というパターンがあります。ですが、どうやら高島は、できれば女優一本で行きたいと考えているようです。夫で、ミュージシャン『ゆず』の北川悠仁もバックアップを約束しているようです」(芸能ライター)