常にジャニーズ独占「ベストジーニスト」の謎

(C)Shutterstock

『ベストジーニスト2017』の発表が10月2日に東京都内で行われた。男性部門の1位は『Hey! Say! JUMP』の中島裕翔だった。

「いつも取材陣から出るのは『本当に調査しているのか?』と疑問です。集計方法は毎回不透明で、ジャニーズ事務所のためのランキングともいわれています」(女性誌記者)

発表された順位は以下の通りだ。

  • 1位:中島裕翔(Hey! Say! JUMP)
  • 2位:上田竜也(KAT-TUN)
  • 3位:玉森裕太(Kis-My-Ft2)
  • 4位:山下智久
  • 5位:松村北斗(SixTONES)
  • 6位:増田貴久(NEWS)
  • 7位:永瀬廉(Mr.KING)
  • 8位:岩沢厚治(ゆず)
  • 9位:戸塚祥太(A.B.C-Z)
  • 10位:中島健人(SexyZone)

上位10人中で9人がジャニーズ事務所の所属タレントだ。ちなみに2016年も10人中9人がジャニーズで、8位のファンキー加藤だけがジャニーズではなかった。

「全員がジャニーズだと“ジャニーズ専門ランキング”になってしまうので、ひとりは意図的にジャニーズ以外を入れているのでしょう。第一報を報じるのもジャニーズ御用達マスコミばかりなので、最近はテレビもスポーツ紙も、このランキングを“ニュースの価値無し”として、ほとんど報じなくなりました」(同・記者)