テレビ番組出演数が去年から倍増した梅沢富美男

(C)MR. Nattanon Kanchak / Shutterstock

(C)Shutterstock

梅沢富美男が先日、関西と九州を結ぶ阪九フェリーの新アンバサダー就任のイベントに出席し、同社のCMへ出演することを報告した。

CMの仕事は今年まで32年間にわたって無かったという梅沢だけに、イベントでは上機嫌で阪九フェリーをPR。「このフェリーには露天風呂もゆったりした個室もある。海の上なら一線も二線も越えられる」と流行語を交えて語り、会場に置かれていた客室をイメージしたベッドに座ると、女性の美人司会者に「こっち、来いよ」と強引に手招きする暴走ぶりも見せていた。

さらに報道陣から船上デートに誘いたい女性について質問されると「橋本マナミと阿部哲子だね。阿部アナは離婚したからちょっと可能性があるんじゃない」と梅沢らしい話を展開した。

 

上半期だけで去年のテレビ出演数に肉迫

「梅沢は今年5月のイベントで昨年にCMオファーが27社あったものの、すべてギリギリで決定には至らなかったことをぼやいていました。しかし今年は、8月にゲームソフト『New みんなのGOLF』のCMに出演、9月には今回の阪九フェリーのCMに出演しており、今後はさらに増えてることが見込まれています」(芸能ライター)

この日は、芸能界の不倫騒動にも言及し、「やったんだったら『やった』って言えばいい。家庭は家庭で大事にして、お金を出して上手に遊べばいい。おれだって(飲みに行って)ねえちゃんのケツぐらい触る」と語った梅沢。昨年から、バラエティー番組での本音トークが人気を呼び、いまや“芸能界のご意見番”として多くのテレビ番組に出演を続けている。

「昨年もかなり売れていましたが、今年はさらにすごい。昨年のテレビ出演は158番組だったのですが、今年は上半期だけで154番組。倍増しているのです」(同・ライター)

あとは、スキャンダルに気をつけたほうがいいのかもしれない。

 

【画像】

(C)MR. Nattanon Kanchak / Shutterstock

【あわせて読みたい】

羽生結弦が五輪連覇に向け「情報攪乱作戦」展開か

安室奈美恵「紅白歌合戦出場」へNHKの秘策 

AKB48・渡辺麻友が卒業後に期待される「役割」

草彅剛「レギュラーCM」継続もギャラは10分の1に!? 

カズオ・イシグロ氏の「コンテンツ争奪戦」スタート