“170cm以下は人権ない”発言が波及! マネージャーも差別発言で解雇に…

(C)Ollyy / Shutterstock

女性プロゲーマー・たぬかなの〝不適切発言〟問題が、思わぬところに波及している。今度は同じプロゲーミングチーム『CYCLOPS athlete gaming』に所属する男性メンバー・Kbaton(コバトン)がSNS上で〝差別用語〟を連発していたことが発覚。チームを運営する『ブロードメディアeスポーツ』は2月18日、同日をもってKbatonとの選手契約を解除したと公式ツイッターで発表した。

「たぬかなは生配信で『170センチない男は人権がない』と発言したことをきっかけに炎上。その後、たぬかなと『CYCLOPS athlete gaming』は謝罪し、同社は彼女との契約解除を発表しました。そしてこの件が、チームのマネージャーを務めていたKbatonに波及。ツイッター上で口にするのもはばかられるような差別用語や誹謗中傷を繰り返していたことが発覚したのです。投稿当初は見過ごされていましたが、たぬかなの『170センチない男は人権がない』発言をきっかけに、ネット民が発言を発掘。『ブロードメディアeスポーツ』は、これを受けて即座に選手契約を解除しましたが、現在までその理由を明らかにしていません」(ゲームライター)