横浜流星に大ブーイング!『DCU』に呆れ声殺到「ポンコツすぎんか?」

横浜流星 画/彩賀ゆう (C)まいじつ 

2月20日、阿部寛が主演の日曜劇場ドラマ『DCU』(TBS系)の第5話が放送された。横浜流星の演じるキャラへの不満が回を重ねるごとに多くなっており、第5話でも「学校からやり直した方がいい」などとツッコまれている。

ドラマの舞台となるのは、海上保安庁に新設された水中事件や事故の捜査を行うスペシャリスト集団「DCU」。従来の海上水域だけでなく、警察の捜査では困難な「危険極まりない日本全国の河川や湖」など、あらゆる水中に潜って隠された証拠を探しだし、隊長の新名正義(阿部)らが〝水中未解決事件〟を解明していく。