交際発覚の「にゃんこスター」に仕事オファー殺到中

(C)DRogatnev / Shutterstock

(C)Shutterstock

結成わずか5カ月ながらコント日本一を決める『キングオブコント2017』(TBS系)で準優勝したお笑いコンビ『にゃんこスター』に、仕事のオファーが殺到している。

このコンビは、男性のスーパー3助(さんすけ)がツッコミで、相方で女性のアンゴラ村長がボケ担当。リズムに合わせて縄跳びやフラフープを使ったダンスを取り入れたネタでキングオブコントの上位進出を果たした。ピン芸人として縄跳びネタをしていたアンゴラに「これにツッコミを入れたら面白いと思う」と、3助が考案したという。

「キングオブコント放送後には、テレビの出演依頼が100件を超え、現在50本が決定したそうです。CM出演の話も進んでいるようで、ふたりは喜ぶのも忘れるほど驚いています。テレビ出演の仕事依頼も多かったのですが、イベント出演も30本が決まっています。イベント営業で一番多いのが、ファミリー層の集まる百貨店、デパート、ショッピングモールからの依頼です。子供たちが多く集まる場所での営業は、にゃんこスターの明るいキャラクターが存分に生かされるでしょう。少なくとも、年内から年明けのお笑い界の勢力地図が塗り替えられたのではないでしょうか」(芸能関係者)

 

日本中を席巻する可能性も

カラオケ店でアルバイトをして生活費を稼いでいる3助は「今月の後半はシフトをびっしり入れちゃった」と苦笑いだという。また、3助とアンゴラは交際していることも報道されている。アンゴラは「ありがたいことにたくさん仕事をさせていただいてまして、わたしの家が遠いので、帰れないときは泊まらせてもらっている」と明かした。 しかし、アンゴラは「これからもみんなのアンゴラです」と笑顔を見せ、3助は「子供たちが喜んでくれるネタを考えていきたい」と、アンゴラのキャラが生かされるネタを作っていくと強調していた。

「ふたりのリズムネタは、採点に厳しい松本人志に97点を入れさせるという、近年にない衝撃を残しました。リズムネタは子供受けもいいので、ブレイクすると日本中を席捲するほどの勢いを生み出すことも多いです。今後、テレビ番組でにゃんこスターを見る機会が日に日に増えると思います」(前出・関係者)

にゃんこスターは、優勝した『かまいたち』よりもインパクトを残した。実際に松本は、10月8日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)で、ゲストにかまいたちを呼んだが、「本当はにゃんこスターに来てほしかったわ」と漏らしたほどだ。

とんでもないスターが誕生したものだ。

 

【画像】

(C)DRogatnev / Shutterstock

【あわせて読みたい】

セレブ生活公開の紗栄子「インスタ炎上」

ピース・綾部祐二ついに渡米も又吉直樹に「仕送り」要求!? 

中居正広の破局はジャニーズ事務所が関与か 

川島海荷が初スキャンダル発覚で「ZIP!」降板へ 

「妊娠4カ月」武井咲を気遣いまくる新ドラマの現場