“平和の祭典”とは…? ウクライナ侵攻と同時開催のパラリンピックに疑問

(C)Mirko Kuzmanovic / Shutterstock

ロシアによるウクライナ侵攻によって、3月4日開幕の『北京冬季パラリンピック』にも大きな影響が出ており、〝平和の祭典〟の意義を改めて問う声が続出している。

2日、国際パラリンピック委員会(IPC)は、ロシアパラリンピック委員会(RPC)や、ロシアと同盟関係にあるベラルーシの選手について〝中立的な立場の個人〟として出場を認める意向を示していた。

ところが3日に一転。IPCは、多くの国から両国の選手出場を認めるなら、出場を見送るという訴えが寄せられたとのことで、ロシアとベラルーシの選手の出場を認めないことを決定した。