『DCU』ついに潜るシーンなし! 爆走“障害物ハードル走”に「吹いたw」

横浜流星 画/彩賀ゆう (C)まいじつ

3月6日、阿部寛が主演の日曜劇場ドラマ『DCU』(TBS系)第7話が放送された。同作の見せ場シーンがカットされ、驚きの声があがっている。

ドラマの舞台は、海上保安庁に新設された水中事件・事故を捜査する「DCU」。海上水域だけでなく、警察の捜査では困難な「危険極まりない河川や湖」など、あらゆる水中に潜り、隊長の新名正義(阿部)らが〝水中未解決事件〟を解明していく。

第7話では、リモートダイビングVRのお披露目イベント中に、海中のリモートカメラが何かに乗っ取られてしまう。同時刻、DCU本部には沖合で一艇の水上バイクが爆発したとの報告が入った。船着場の映像には、水上バイクに乗り込む成合(吉川晃司)の後ろ姿が映っており、新名はなんとか動揺を隠す。