『DCU』横浜流星の“スマホ破壊”シーンに爆笑「原始的すぎる」

横浜流星 画/彩賀ゆう (C)まいじつ 

3月6日、阿部寛が主演の日曜劇場ドラマ『DCU』(TBS系)第8話が放送された。スマートフォンの破壊を試みるシーンにツッコミが殺到している。

同作の舞台は、海上保安庁に新設された水中事件・事故を捜査する「DCU」。海上水域だけでなく、警察では捜査困難な河川や湖など、あらゆる水中に潜り、隊長の新名正義(阿部)らが、水中未解決事件を解明していく。

第7話では、プラスチック爆弾が取り付けられた海中用リモートカメラが乗っ取られてしまう。その行く先は、テロリストが持っているスマホのGPS情報を追いかけるようにインプットされている。そこでDCUメンバーはそのスマホを見つけ出し、爆発事故を防ごうと試みる。