平沢進“ネオナチ”発言で大炎上! ファンも落胆「これは無い」「ただの陰謀論」

(C)Korot Yurii / Shutterstock

3月7日、ミュージシャンの平沢進が自身のツイッターを更新。ウクライナとロシアの情勢について、持論を述べた。しかし、ファンからも落胆の声が相次ぎ、炎上騒ぎに発展している。

問題になっているのは、平沢が7日に投稿したツイート。

平沢は、主語は言わず《人の善意を前提とするものの全てが適切だとは限らないという視点は時に人と自分を守る。それが本当に必要なものなのか自分で調べてみるがいい。貴方がずっと信じて来た年月と同じ年月をかけて調べろとは言わない。もっと短くてよい》と綴った。そして最後には《一方ネオナチにせっせと募金するグロテスクな善意たち》と批判的に締めくくっている。