「アパ不倫」青山真麻が画家ラッセンとの情事を自慢

Dragon Images / PIXTA(ピクスタ)

画像はイメージです Dragon Images / PIXTA(ピクスタ)

俳優の袴田吉彦の不倫相手で、グラビアアイドルの青山真麻が、10月12日深夜に放送された『女ウラミ飯』(テレビ東京系)に出演し、プロ野球選手と人気画家との交際の思い出を語った。

この番組は10月5日から始まった新番組で、元彼氏との思い出の料理と、思い出話を、“ウラミ”を込めながら作るという料理と暴露のバラエティー番組だ。

青山はプロ野球選手との交際経験を明かし、付き合っていたのは5年以上前で「鳥がマスコットのチームのキャッチャーN」だと明かした。さらには次のような発言も。

「プライベートラウンジみたいな…合コン、になると思います。みんな同じチーム。ひとりメジャーに行った方がいました」

この発言に対してインターネット上では、どのプロ野球選手なのかという推理が始まった。

《ヤクルトの中村悠平やな 鳥まで完璧やないか》
《ホークス、スワローズ、ゴールデンイーグルス…イニシャルNの捕手で鳥マスコット、東京で合コン、5年以上前にメジャーに行った。これ、中村以外おるんか》

アプローチは青山からで「最初に5人パッと居て、あっいいなって思ったんです。そして隣に座ったんです。シンプルに『このあと、ふたりで』って」と誘ったという。

MCでお笑いコンビ『オードリー』の若林正恭から「その晩に何本、ホームランを打たれたの?」と聞かれると、「満塁ホームランです。トレーニングしている人は夜も強い」とあっけらかんと答えた。しかし最後は、そのプロ野球選手が青山の友達に手を出したために破局してしまったという。

 

ラッセンが青山の体にイルカを…

さらに青山は画家のクリスチャン・ラッセンと付き合っていたことにも触れた。番組では《天才イルカ画家》だと紹介されていたが、ラッセンのポスターなどが映し出され、クリスチャン・ラッセンであることは明らかだった。

出会いは合コンだといい、友人からの紹介で「3人で会いました。友人と私と彼。来日したときに六本木のホテルに泊まってるんです、いつも。ホテルにわたしたちが行って、そこで…」と話した。

若林が「関係性的にはどうなのかな? 付き合ってたってなるの? それとも夜の関係があったみたいな話になるの?」と聞くと「わたしは付き合ってただろうと思ってるんですけど。向こうにはそういう女子がほかにもいるんじゃないかなっていう思いはありました」と明かした。

青山は英語でのメールのやり取りや、そのときにもらったブレスレットとサインの入った箱を見せ、「イルカの絵は身体に描いてもらいました。太ももです」と画家も鮮明に写っているスマートフォンで撮影した写真を公開し、付き合っていたことを自慢した。

袴田との不倫ときも、寝ている写真が流出して話題になったが、今回のプロ野球選手との熱愛話やラッセンとの写真など、話題に事欠かない青山。今後もどんな暴露をしてくれるか楽しみだ。

 

【あわせて読みたい】

嵐・櫻井翔が松本潤を「名前で呼ばず」疑問広がる 

稲垣吾郎が中居正広を「個人攻撃」か 

セレブ生活公開の紗栄子「インスタ炎上」

ピース・綾部祐二ついに渡米も又吉直樹に「仕送り」要求!? 

川島海荷が初スキャンダル発覚で「ZIP!」降板へ