今井美樹への屈辱的なセクハラを正当化? 映画監督の武勇伝が今になって大炎上

(C)Artsplav / Shutterstock

映画監督の井筒和幸氏が新人時代の今井美樹に、撮影現場でセクハラまがいの指導を行なっていた疑惑が浮上し、ネット上で物議を醸している。コトの発端は、井筒監督が『日刊ゲンダイDIGITAL』の連載コラムに登場した記事を、とあるツイッター民が引用したことだった。

井筒監督は2020年9月26日配信の連載コラムに登場。外資系のネットドラマの現場で、主演の若い俳優が〝インティマシー・コーディネーター〟だという女性スタッフを連れてきて、作品に過剰な演出がないかチェックし、監督に注文を出していることについて言及。《そんなやつに横からあれこれ言ってもらわないと、〝バサ〟(乱れる場面)に挑めないような女優など、こっちは元から選ばないだろうが》とバッサリ切り捨てている。