清水良太郎の逮捕に松本人志「気持ち悪い」と一刀両断

画/彩賀ゆう

10月15日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)にて、清水アキラの三男で、同じくものまねタレントの清水良太郎容疑者が、11日に覚せい剤取締法違反で逮捕された話題が取り上げられた。

同番組では今年2月、清水良太郎が違法カジノに出入りしていた疑惑が原因で4カ月謹慎したあと、『ノンストップ』(フジテレビ系)の取材を受けたときのVTRが紹介された。

「正直、(違法カジノ疑惑は)こんなちょっとのことじゃないか」、「こんなんでこんなこと(謹慎)になるんだったら、正直この仕事辞めようと」と、疑惑を持たれた被害者という思いをぶつけていたが、今回は別の容疑で逮捕されている。

息子の逮捕を受けて、12日に会見を開いた父の清水アキラは、自身が社長である事務所の所属タレントでもあった良太郎を解雇することを明かし、「崖っぷちから崖に落ちたんだから、登るのは自分じゃないと登れないですよ」と厳しい口調で語った。

ただ、「バカ野郎と言って突き放したいですけど、家族ですから」と複雑な心境も明かしていた。

この会見の様子を見た番組コメンテーターの松本人志は、「変な話、会見を見て清水アキラさんの好感度は上がった。真面目にすべて正直に答えていましたので」と語り、「それに比べての息子ですよね。正直ごめんなさい、気色悪いですね」と切り捨てた。

 

芸能界の不祥事に厳しい視線

番組を見た視聴者は、ツイッターへ《別に清水アキラの好感度上がらないけどなぁ》、《清水アキラの好感度上がるか?高畑裕太の時の高畑淳子と被って見えてまたかよって思ったけど》など、厳しい意見が多く投稿していた。

さらに松本は、「前回の闇カジノの件もうやむやで、今回の件と合わせて“一本”ですよね」と、柔道にたとえて良太郎を断罪した。MCの東野幸治は、清水良太郎も出演した『爆笑そっくりものまね紅白歌合戦』(フジテレビ系)の司会を務めており、「一生懸命やっていると思っていた」とフォローしたが、なおも松本は、「芸人は悲しみで泣く姿を見せたくないのに、息子にそれをやらされてしまう親不孝さは無い」と、清水アキラの心境をおもんばかった。

以前に同番組で後輩芸人のガリガリガリクソンが飲酒運転で逮捕された際にも「こいつ邪魔やわ」と断罪した松本。お笑い芸人の不祥事により、芸能界全体の活動の場が狭まることを危惧していることから、厳しく言わざるを得ないのかもしれない。

 

【あわせて読みたい】

星野源「コウノドリ」第2弾も前作との違いに心配の声 

押切もえが夫・涌井秀章のMLB移籍に付けた「条件」 

きゃりーぱみゅぱみゅ楽曲売れず「歌手引退」か

多部未華子がドラマや舞台で重用される理由 

ピース・綾部祐二ついに渡米も又吉直樹に「仕送り」要求!?