上戸彩まで嫌われ者に…ドラマ『となりのチカラ』大爆死のまま終了?

上戸彩 画/彩賀ゆう (C)まいじつ 

3月17日、『嵐』松本潤が主演の連続ドラマ『となりのチカラ』(テレビ朝日系)の第7話が放送された。松本演じる主人公がイライラすると話題の同作だが、ついに視聴者はヒロイン・上戸彩にまでイライラを爆発させている。

同作の主人公・中越チカラ(松本)は、妻の灯(上戸)、娘の愛理(鎌田英怜奈)、息子の高太郎(大平洋介)と一緒に、東京の郊外に建つマンションに引っ越してきた。優柔不断で困っている人を放っておけない性格の夫と、テキパキしっかり者の妻に、ちょっぴり大人びた姉と無邪気な弟。そんな一家がやってきたマンションには、とても個性豊かな住人たちが暮らしていた…というストーリーだ。